スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私事:長いトンネルを抜けると雪国であった 

新潟行ったと思ったら今日は栃木までまた出向いてきましたRayです。こんばんは。^^; 


両方とも日帰りで普通に行ける距離だから、余計に面倒・・。^^; 

移動が多いと疲れますね。やっぱり何だかんだいって電車内で出来ることって限られているし、はかどらない。^^;


でも、新潟は景色は良かったですよ☆



目的地の直江津は雪は全然残って無かったんですが、


大宮から上越新幹線に乗って、越後湯沢まで出たんですが、







長いトンネルを抜けると



雪国であった。 




By Ray ←大嘘





って、感じの風景でちょっと感動しました。^^ 


良く考えたら、ウィンタースポーツ一切やらず、寒いのが大嫌いな自分は、冬に雪の多いところには決し近づかないように生きてきたので、


メートル級に積もった雪を見たのは初めてだったんですね。^^



風景としては素晴らしいですね。



是非、今度は何も見る時間もない「仕事」でではなく、しっかり「プライベート」で、

出来るだけ、外気には触れないように注意しながら、美味しいご飯と、新潟のお酒と温泉を堪能しながら風景楽しむ・・・

なんて旅行してみたいですね。^^





ちなみに川端康成の「雪国」の舞台も湯沢らしいですし、上越線で「長いトンネルを抜けて・・」というのは、まさにあの風景なんですね。


たしかに、実際に見てみると、素晴らしい文章だと思いました。^^ 



日本が世界に誇る名作、ノーベル文学賞受賞作でもある、「雪国」、一度読んでおいても損はないです。^^ 


読んだら、上越線に乗って雪国に行きましょう。^^

雪国 (新潮文庫 (か-1-1))雪国 (新潮文庫 (か-1-1))
(1986/07)
川端 康成

商品詳細を見る







雪国と言えば、来月は生まれて始めての北海道は、札幌に行くことになりそうです。



散々寒いの嫌いと言ってるのに・・^^; 



そして、来月末は、福岡なんですが、


何をミスったかっていうと、



「Rayくん、○○日~○×日の日程で福岡行ってくれる??」



と聞かれ、




「ハイっ!」





と、元気良く答えて、日程見直したら、









金土日じゃねーかっ!!









月火水木金土日月火水木金出勤はキツイなぁ~ 年度末のやたらと忙しい時期なのに・・。


まぁ頑張りましょう。^^;
スポンサーサイト

[2008/02/28 21:48] 未分類 | TB(0) | CM(3)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。