スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私事: 絶品のウィスキー+葉巻≒ひとりでも寂しくないもん! 

酔っ払って電車乗って席で頭がこっくりこっくり状態になっていたら手摺にヘッドバッドかましたRayです。こんばんは。^^


ゴンっ!といい音鳴った・・。

固さでは自信のある前頭部(かわせないパンチは前頭部で受けるため)でしたが流石にちょっとこぶになった。


というのも、昨日、休日前で久々に仕事も早く終わるという条件が揃ったので、


呑みに行くべ☆


声かけたものの、敢え無く全滅。^^;


最近どうも、

他の人が誘ってくれる時→忙しい

自分が誘うとき→他の人が忙しい



まったく皆に嫌われてる疑惑一直線間が悪い。


んな訳で、

「いつもの」とオーダー出来る行きつけのバーにまた行ってきたのですが、


ウォッカマティーニ(Rayさんバージョン)から始まり、いつも40度以上の酒ばかりパカパカ呑むので、

店出るまでは平常心。出来る限りジェントルマン。


なのですが、電車に乗ったと同時にばたんきゅーというパターンが定着しております。^^;


でも、通い詰めてしまうんですよねぇ・・。


専門学校時代の同級生のバーテンの腕は確かですし、ウィスキーの品そろえも良い!


昨日頂いたのはこちら。

wisky.jpg



Memoryシリーズ

Memories Cragganmore High Sprits 1989


なんかどれが名前なのか分かりずらいですが、

Cragganmore、クラガンモアが蒸留所、

Hihg Spritsがボトリング。(瓶詰め)

で、シリーズ名(ブランド名とも言えるか?)がMemories



だから発売元はHigh Spritsになるようです。はい。



クラガンモアはジョニ黒にも使われているシングルモルトとして有名。

自分も好きな銘柄で、目茶苦茶な表現だと承知で言えば、

「すっきりまろやか」


分けワカラン感じがしますが、自分の素直な感じなんだから仕方ない。^^;


様は最初の口当たりと、舌に広がる感覚から喉越しまでがイメージ違うんですよね。


すっきりした味わいかと思ったら、ゆっくりゆっくり口の中に広がるまろやかさ・・・みたいな。


で、今回、イタリア、High Sprits社のシリーズもん、どんな仕上がりになっているかと、期待してみたら、






う、旨い・・。




一段と洗練された感覚。


口当たりは軽やかというより、言い方変えれば物足りないくらい。

あっけない位簡単に口元通過して、喉越しまでの道のりで、このウィスキーが、スコットランドで育まれ、イタリアでボトリングされ、そして日本まで来たMemoriesが・・・

と言いたくなるくらい、柔らかい。そして複雑な味になる。


芸術品ですな☆


そしてその芸術と共に楽しんだのが、シガーでして、

お気に入りのブランド、ロメオ・イ・ジュリエッタの、ショートチャーチルでございます。^^ 


ひとりだからこそ過ごせる贅沢なひと時でもある・・。



しかし慣れたらずっとひとりでいることになりそうだ・・・。^^;




そんなRayさん絶賛のバー、

新宿 Bar Kashmir (バー カシミール)は


こちら


新宿東口からすぐだよ~

お見合いパブの下だよ~
スポンサーサイト

[2010/04/29 23:48] 未分類 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。