スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インド研修記 Role of NGOs in International Development 始めに・・ 

インドから買ってきたお香なんぞ早速炊いてみてるRayです。こんばんは。^^


うん。中々リラックスできますね☆



これからも続けよう。





近況ですが、見事にグロッキーです。^^;



三月末から、就活、ファイナルとドタバタしたまま、インドに二週間・・・と、殆んど休んでなかったですからね。疲れも多少出たのかと・・。^^;


慢性的に腹具合は悪いです・・




さて、今日から研修記を書いていきますが、始めに今回のプログラムを紹介。



まず何度か語りましたが、今回のプログラムは、我が校、Temple University とインドに本拠を置く、NGO団体、MS・Swaminathan Research Foundation(以下MSSRF)との共同のプログラム。


MSSRFのサイト ↓


http://www.mssrf.org/index.htm



主にインド南部にて活動する団体で、元々は農業支援を中心に活動、近年はより幅広く、活動し、

就業支援や人材育成、農作物生産などの支援をする、Micro Credit Bankや、

農村、漁村への情報ネットワーク整備、また教育施設として、Village Knowledge Center など、幅広くなってきています。


基本は、現地で活動するNGOとしての強みでもある、


現地のニーズに特化した支援というのが、原則。



簡単に書きましたが、これがいかに重要で難しいことかを後々知ることになる・・・



そして、今回、MSSRF東京支部の職員でもある、Dr.GeetaMethaが、うちの学校でクラスを持っていることと、


フリップモリス社から多額の寄付が出たことから、学生を含めたプログラムが出き、今回が第一回目。



渡航費、滞在費、食費など、全て寄付金から出るため、当然、発表があったと同時にエントリーし、見事選ばれた(未だに理由は知らん。笑)ので、今回、参加できることとなりました。



最初に一学期間、開発学や国際関係、またNGOマネジメントの基礎を通常のクラスと同じように学び、


学期終了後、二週間の現地実習をこなして終了・・・という、長いプログラム。^^; 







意外と知られていないかも知れませんが、インドは世界で最もNGOが多く、幅広く活動している国。



近年、欧米のNGOは巨大化し、社会的にも大きな影響力を持つようになりましたが、インドに置いては、

国全体で活動するような規模から、地域に根ざした小さなものまで、社会のありとあらゆる場所にNGOが存在します。 



日本ではまだあまり活動が盛んとはいえない、NGOですが、世界中で活動するNGO全体の予算をひとつの国としてとらえると、ナントGDPに置き換え、世界第五位の国と同じ規模になります。


今後、益々グローバル化が進み、人やビジネス、そして外交や紛争にあたるまで、様々な分野で、政府と独立した機関がフレキシブルに動く必要性は高まると思います。


例えば、 「開発援助」など一番分りやすい例かもしれません。


政府が主導する、トップダウン式の援助だと、どうしても末端の受益者まで確実に届くのか、またそれが実際どれほど役に立つのか、等、効果に疑問があがることが多いです。(注:国単位の支援を否定しているわけではないです)


もっと、確実に、援助する側のニーズ、される側のニーズにあった援助こそ、社会の中で持続可能だと思い、NGOの今後の可能性には前々から注目していましたが、


残念ながら日本ではまだ歴史が浅く、またNGO自体の信用性・社会的知名度が低いのも事実。 



そんな中、ある意味、 NGO先進国である、インドでの研修は、自分にとって大きなチャンスでした。


自分の大きな関心は、どう「援助」または「支援」といったものが、社会の直接的な利益となり、持続可能なものとなるか

ということ。



もっと言えば、一般の企業が支援・援助を考える時、それが利益と結びつくかというコトにも繋がります。



ただ、企業が利益だけを追求して、援助、支援したらそれは即ち、ビジネスですので、

間を上手くコーディネイトするために、社会のいたるところにNGOがあり、


そして、それらの監督、管理するようなNGOがあり、


最終的に足りない部分に政府の、支援、援助が回る・・・



という、


民間企業・NGO・政府の三者連携方社会 というのが自分が今まで一貫して主張してきたこと。



が、いつまでも机上の空論でしかなかったため、実際の現場を見る機会というのがどうしても欲しかったわけです。




前置きが長くなりましたが、



こんな感じの意気込みでインドに旅発って行きましたとさ。^^
スポンサーサイト

[2006/05/07 01:31] 未分類 | TB(0) | CM(2)

早く続きが知りたいよ~ん+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
[2006/05/07 22:32] ママ [ 編集 ]

>ママ
まぁ徐々にアップしていくから焦らずに待ってなさい。^^;
[2006/05/08 00:47] Ray [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/138-7fc7cba5





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。