スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インド研修記 Role of NGOs in International Development その2 

相変わらず腹の調子は悪く体も重く体調悪いのにトレーニング再開しているRayです。こんばんは。^^



最近腕立ての素晴らしさ、再認識。



安い早い場所とらない
 とナント日本文化に適したトレーニングなことか!


肩がいい具合に筋肉痛で快感です。(マゾです)




今日もお香焚いてます。 


すっかり気に入りましたね。^^ 夜はお香焚きながら、ウィスキーか焼酎が定番になりそうな感じです。(だから具合悪い時は飲むなって)



只今、インド研修のアルバム製作中です。




完成し次第、ダイビングアルバム同様、ブログにリンク貼って見られるようにしますので、


日記に写真少ね~よ! とか もっとインドの写真が見たいんですけど!? とか文句言わないように。


ブログに載せてるのは一部で、撮った写真は全部アルバムにまとめる予定です。



では、研修記に・・・






4月21日



朝、五時起床。^^;


マジかよ・・ 日本では就寝時間だったんに。^^;



早起きしたのも、このプログラム、10日間の研修なんですね。


で、日程自体は移動日含めて14日、この日は丸々一日空くので、是非ともインドに着たからには、タージマハル(↓参照)を見たい!


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%AB

とのことで、バスをチャーターして観光に行くことに。



時計が若干進んでいたこともあり、朝からルームメイトになったダミオンと仲良く腕立て。笑



六時前、派手派手なチャーターバスがやってきた。^^;





P1010007.jpg





バスに乗り込み、一路、ムガル帝国の首都、Agraへ向けて出発!




しかし道路状況は極めて悪い



ハイウェイは整備されておらず、1~2斜線の幹線道路。


道路わきには時折町が見えるが、レンガ、ブロック、コンクリート製の平屋が多く、壊れたままになっているものも多い。


畑も目にするが、あまり作物が育ってるいるようには見えず。乾燥した、赤土だらけの耕作地が広がる。


発展したインドには全く出会えないが、時折、ガソリンスタンドの周りだけ、


スタンドあり、コーヒーショップががり・・・とアメリカでよく見た風景があった。



たまに、何かのオフィス、または車の販売店のモダンな建物が見えると、周りの壁が崩れたままの家とのコントラストが妙に寂しい。



民間主導の経済発展を遂げているインドだけに、ビジネスの拠点から外れた町は、見捨てられているようにも見えてしまう。


前に訪れたフィリピンのほうがまだマシな町並みが多い。




4~5時間かけて、Agraに近づくと、町並みは賑わいを見せてくるが、奇麗とは言いがたい。



はやり、喧騒、混沌、荒廃と言った感じ。



Agra近郊の町並み ↓



P1010043.jpg




P1010044.jpg






程なくして、めでたくタージマハル到着! 万歳!


が、








閉まってた。笑




休業日なんてあるの???






焦っていたが、現地のガイドが、裏手に回ってよく見える場所を教えてくれるとのことで、バスに乗り込み再出発!




車幅いっぱい、人いっぱい、車いっぱいの何とも、ある意味インドらしい橋を渡り、無事にタージマハルの裏側に到着。



海岸のような砂浜の川原を渡ると、見えてきた!タージマハル(の裏)だ!








P1010013.jpg





まぁ中に入れなくても、有名なこの形はわかる。



とりあえず満足だが、暑い。 日陰も何もない。



そしてお土産売りが大名行列のようについてくる。



絵葉書とかは分るが、ムチとかヤギとかはどうしろと? 食うの??



お土産売りつけられてるジョナサン。




P1010016.jpg




みんなで記念写真撮ったら退散。



続いて向かったのはFort Agra。日本語ではアーグラー城塞。

ムガル帝国3代皇帝のアクバルが建造したようです。


立派な外壁。↓





P1010021.jpg




城の窓からはタージマハルが見えます。


P1010031.jpg



内部には様々な装飾があって芸術的。


P1010035.jpg



城の中庭

P1010036.jpg




というものを見物するのは結構好きなんで、ご機嫌だったが、


暑い!



ここに着てインドの暑さ再認識。^^;



意外と大きいお城でたっぷり一時間弱は歩き回ったかも・・・。^^;



FortAgraを出たら、昼食を取ろうと、目に付いたレストランに入ったが、やたらと高かったので、出ようとしたら突然安くなった。笑


引率のギータ先生はインドが地元。 地元人からはボッタくれん。^^


食事はカレー中心。 マトンカレーが美味かった。^^




食後、Agra市内になる別の遺跡(貴族の墓とか何とか・・)に少し立ち寄り、帰路へ。



とにかくこの日はお気楽な観光だったが、暑さのせいか、やたらと体力を消耗する。


後で知るのだが、南部まで行かなくとも、デリー近郊でも35~40度くらいの気温になる。^^;



帰りは7時半くらいには帰れる と言われて、


見事10時半、前日と同じ宿に到着。




日本だったら腹が立つところだが、インドではインディアンタイム

腹を立てても仕方ない。



こう考えると、 「この電車は現在3分遅れで・・」 とかいう車内放送で一瞬ムカッとくる自分の小ささを知る。笑



さすがに疲れたので、夕食後はシャワーも腕立てもなしに寝た。

スポンサーサイト

[2006/05/09 01:45] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ほんま、現場に近けば近づくほど、
暑さやら乾燥やらに耐えうる体力が必要やよね・・・。

でも男にはときどき筋力も必要。
だからRayは大丈夫!(笑)




[2006/05/09 23:13] [ 編集 ]

>源さん
いやぁ。今回一番思ったのは現場で働くには、どんな技術や知識よりも「体力」だと思いましたね。^^; 虚弱児代表、Rayにはかなりキツイものがありました。^^; 筋肉あっても病弱は治らないんで。苦笑

[2006/05/10 23:13] Ray [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/140-cebcd2f2





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。