スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インド研修記 Role of NGOs in International Development その4 

Like a bridge over troubled water~♪

I will lay me down~♪





と、久しぶりにサイモン&ガーファンクルなんぞ聞きながらRayです。こんばんは。


良いものは時代を超えて素晴らしい。


ちなみに冒頭のは、「明日に架ける橋」のサビの部分の歌詞ですが、英語も分りやすくて良い。^^


今の若い人知ってるのかな? Sound of Silenceとか・・



しかし今日は寒いですね・・・ 13度とかアリエネー


インドいた時に比べて、30度差ってどういうことよ? 

地球って広いね。^^;




さて、では本日も研修記。


今まで完全に観光記でしたが、徐々に研修記になっていきます。^^



4月23日



朝、アユミ姉さんのご指導でヨガをするつもりが、ルームメイトのジョナサンと一緒に華麗に寝過ごす。


まぁ朝食には間に合い、パンやらイルディ(肉まんの中が無いようなの。蒸しパン??)にカレーつけて食べる。 

朝からカレーにも慣れた。笑



朝食後は、今回の研修の現地コーディネーター、アルフォン氏のレクチャーで、MSSRFの支援の一環として、今回も大きな比重を占める、
Micro Credit Bankの説明を聞く。


簡単に言えば、金銭的支援の一環なんですが、


集めた寄付金、NGOの運用資金を、単に寄付するわけではなく、Bank(以下、MCB)と、名乗っているように、

貸す形で、就業支援(主に農業分野)を目的に行っているプロジェクトです。


インドの農村部では、貧困の最大の原因が、何より仕事がないこと。


農業など、一次産業に大きく依存しており、また農業における教育、技術支援が十分ではないので、生産性も低く、利益も上がり難い悪循環に陥っている、農村支援がMCBの支援対象となります。


最初はまず、利息をほぼゼロにして基金援助を行い、Self Help Groupと言われる、

支援ビジネスの初期段階、


様は、どこで、誰が、何を、どのように作って、どうやって売るか

を極める最初の段階。


基本的には現地の需要サイドから決め、


その地域で栽培可能な作物のコーディネイト、栽培技術の教育、マーケットルートの確立、マネジメント支援全般・・・・など、

数年目安に、現地の人たちが、自立してビジネスを行い、定期的な収入を得られるようにするのが目標。



ちなみに日本でMSSRFに寄付するとなると、大体このMCB事業が主になります。


もし興味あれば、MSSRFのサイトまで。

http://www.mssrf.org/friends_mssrf/japan/japanmain.htm



実際の詳しい支援内容、また支援の現場は後日見るとして、この日はレクチャー終わったら、Dakshin Chithrnという、タミル文化の民族資料館のようなところへ行くことに。


自分のいる、チェンナイは、インド南部、タミル・ナドゥ州に位置しており、

デリーなど、インド中部、北部とはまた違った文化を持っています。


人種もタミル系、より色黒の肌で、使う言語もヒンドゥー語では無くて、タミル語。


一口インドと言っても、様々な人種、民族、文化で成り立つ、複合民族国家だという事表してますね。



バスに乗り一路資料館へ。



途中、チェンナイの街並み。



建設中のハイウェイと、川に隣接して並ぶスラムとの対比がもの哀しい・・・



P1010059.jpg



凸凹で舗装というには程遠い、デリー近郊に比べると道路事情は良い。



P1010061.jpg



資料館では様々な展示物を見たが、ガイドさんの話しは良くわからんかった。^^; 

ただ気になったのは建物で、


P1010065.jpg


こんな感じの赤瓦が多い。


何となく沖縄チックで少しホッとした。^^


キノボリトカゲみたいなトカゲもいたし・・・


P1010066.jpg




昼食は資料館内のレストランを予約しておいてくれたらしく、見事でした!


チキンカレーが絶品だった☆


↓ 昼食中。ウェイターは現地のタミル人。色黒いでしょ?

P1010068.jpg



食後に食べた、杏仁豆腐の固まってないバージョンみたいなデザートが美味かったが、アレは何て言うんだろ??



昼食後、しばらく館内見学して、またMSSRFの施設に戻り、この日はこれにて終了! 


の予定だったが、この後予定外のイベントが入る・・




続く・・・
スポンサーサイト

[2006/05/14 01:36] 未分類 | TB(0) | CM(8)

MCB、興味あるねー。
特に、グループマネジメント支援の部分。

NGOらしさがここで出てくると思うのです。
[2006/05/14 17:50] [ 編集 ]

チキンカレー食べたいわぁーっ!
ナンと一緒に食べたいわぁーっ(✿ฺ´∀`✿ฺ)
上の写真の屋根ついてる赤瓦の建物ってどんな風に使うやつなの??
・・・一番気になるのは予定外のイベントだね(笑)



[2006/05/14 19:13] ママ [ 編集 ]

>源さん
僕もこのMCBが最もNGOらしく、そしてインドらしさがある事業だと思いました。銀行との共同のプロジェクトとかも多いんですよ。 NeedAssessmentの重要性など、学ぶところは多かったです。詳しい事業内容はこれからどんどんUPしていきます!

>ママ
上の建物はただの休憩所だ。よく見るとカラスが一匹休んでるべ?笑 やっぱ、インドでナン+カレーは美味かったよ!飽きるけど。笑
予定外のイベントは面白い・・・というよりは真面目なイベントだったんで、ギャグ期待してたら申し訳ない。
[2006/05/14 23:59] Ray [ 編集 ]

ホントだぁ~。あぁして見ればカラスの何か可愛い+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
てか実は期待してたw  でも真面目のも楽しみに期待してます^^
明日から夏セメがんばっ♪
[2006/05/15 01:20] ママ [ 編集 ]

Rayさん+S&G=Boxerだと思っていましたけどw
『明日に架ける橋』もいい曲ですよね。

> を極める最初の段階。
これは「見極める」じゃないでしょうか

支援ビジネスというのは、自助努力なしでは成立
しないのでしょうね。天は自ら助くる者を助く、
というところでしょうか。
[2006/05/16 04:12] ガチャピン [ 編集 ]

>ママ
まぁ真面目ねたでもオモシロおかしく書くのが俺の仕事!(←仕事なんか?)

>ガチャピンさん
もちろんボクサーも好きですよ!^^ ってか、彼らの曲はみんな好きですね。個人的にはAmericaとか・・ アメリカの長距離バスの中で聞いてて感動でした。^^
あ、それは「決める」と書こうとしたところでした・・^^;

誤解を恐れずに言えば、インドでは特に企業が出資する支援ビジネスの目的は潜在顧客の開拓という面にかなり重点を置いているので、結果的に自助努力で豊かになって・・・というのが両者の思惑の一致するところなんですよね。この効果は学ぶべきところが多いです。
[2006/05/16 19:29] Ray [ 編集 ]

自助努力!!!
今日ならったよ(*´ω`*)覚えてる自分にビックリで、思わずコメントですw
[2006/05/18 21:01] ママ [ 編集 ]

>ママ
開発や国際協力学ぶ上ではひとつの大きなテーマだからね。 しっかり意味や内容も理解しましょう☆
[2006/05/18 23:28] Ray [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/142-da91e8de





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。