スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スポーツの秋で思うこと。 

今セメは気楽やね~♪

、と思ってたらトレーニングとかプライベートの予定詰め込みすぎで調整不能になってきたRayです。こんばんは☆



う~ん・・・普通に課題も増えてきましたね。^^;


でも、トレーニングも増やした。読書量も増やした。



忙しいのをさらに忙しくする男








マゾ街道一直線☆







マゾマゾしてる間に随分更新してなかったですね。^^;



短くても定期的に書けばええのに、ついつい長くなるんですよね。^^; 


話が長い男ってウザイよねぇ~

ねぇ~

最悪~







・・・・さっさと本題に。




スポーツの秋・・・・ってか、今日は一気にですが、




皆さん運動してますか?^^




暴飲暴食癖が止まらないため、トレーニング止めたらあっという間にオデブちゃん!


の強迫観念ため、Rayは相変わらずトバしてます。^^


で、


先日、NHKニュースかなんかで、




自治体を挙げて、子供のスポーツを支援・・・」



みたいな特集をやっていたので、


勉強止めて(←こらこら)見てみたんですが、内容は、



小学生の段階から、様々な運動能力テストを実施して、何か優れた能力があれば、県が主催するスポーツプログラムに入れ、様々なスポーツを経験させ、若いうちから能力を伸ばし、将来、オリンピックやプロを狙えるスポーツ選手に育てる・・




と言った感じ。



確か福岡県の取り組みだったと思います。



アスリートの卵を県がバックアップ。



特定のスポーツに偏らず、様々な種目に挑戦させる。



親にも栄養面などを指導する。






確かに、有効なプログラムでしょう。


基本的に早いうちから育てた方がスポーツでは有利な面多いですし。



実際にこのプログラムから将来、有能なアスリートが誕生してもおかしくない、



そう思わせる内容でした。










が、













運動オンチな子は??










このプログラムが間違ってるとは言いません。


合ってます。とっても良いです。「たいへんよくできました」です。




が、スポーツはアスリートのもの??





運動が余り得意でない子供、好きでない子供が、様々なスポーツを気軽に、そして楽しくこなせるプログラムが平行してあれば完璧だったのに・・・と、

少し口惜しい。




競争だけでなく、自己満足って要素もスポーツには重要だと思います。



当然、趣味程度にやっていても、競争を取り入れることで、物事努力と鍛錬で成果はあがることを学習することできますし。





堅苦しく言えば、スポーツ不得意、嫌いな子供にも気軽に門戸を開くことで



定期的な運動による怪我の予防、


健康増進による医療費削減、


チームプレーなどによるコミュニケーションの向上
・・・





とか、お役人が好きそうな言葉が色々出てきそうですが、


アスリートを育てる
という、

前述のプログラムのバックアップにもなると思うんですよね。



様々なスポーツを少年期に経験させて、アスリートレベルでなければ、楽しむことを徹底させれば、


様々な競技の競技人口の底上げに繋がると思います





やはり、サッカー、野球など、メジャーなスポーツは経験者も(部活にとかで本格的にやり込んでいなくても)多いですし




自分にとって好きなスポーツ=格闘技で、



ボクシングや、グラップリングなどを人に教えることもありますが、全くの初心者に教えるのが一番好きかも知れません。



全然パンチ打ったことも無い人に、構え教えて、打ち方教えて、サンドバック叩かせると、みんな楽しそうなんですよね



そうして、自分が楽しめることに興味持つのは人として自然なことですから、


様々な競技をより多くの人が経験して楽しめるようになれば、そのスポーツのトップに立つ、アスリートたちをサポートできる、強力な「ファン」の人数も増えると思うので


是非、


アスリート養成と幅広い門戸開放




同時進行でやってもらいたいですね。^^ 




やっぱスポーツって、みんなのもので、

上手い人、上手くない人、平等に優遇されていいと思います



アメリカで過ごしてて思ったことがあります。




アメリカは何故スポーツ大国か?(反面肥満大国ですが。^^;)



やはりスポーツとの距離が近い。



僕の住んでた人口1万人ほどの小さな町にも、


ジョギングできる公園、バスケットコート、スケボーパーク、一般にも開放される大学のジム、公営ジム


がありました。 





日本ももっともっと、



強いスポーツ選手を生み出す国




と同時に、






誰もが気軽にスポーツを楽しめる国







を目指してもらいたいですね。^^
スポンサーサイト

[2006/10/25 02:36] 未分類 | TB(0) | CM(4)

> アスリート養成と幅広い門戸開放
これはその通りだと思います。高いレベルの選手を養成する事は悪くありませんが、レベルを引き上げる為には底辺を拡大する=競技人口を増やす事が大切です。全員がアスリートを目指すわけではありませんし、気軽に取り組める環境があって欲しいですね。子供の体力テストの成績が年々低下している事も気になります。

書かれている通り、アメリカはスポーツ大国と同時に肥満大国ですが、その理由はどこにあるんでしょうね。それは映画【スーパー・サイズ・ミー】を観た時も感じた事なんですが。
[2006/10/26 00:56] ガチャピン [ 編集 ]

>ガチャピンさん
仰る通り、小学生の体力低下も段々笑えなくなってるみたいですね。^^; 自分も運動オンチな子供でしたが、スポーツ続けていくことでいつの間にかそれなりの身体能力にはなっていたので、色々な形でスポーツを続けられる環境にして欲しいものです。 資本主義で収入に格差生まれるのはある意味必然だとして、スポーツまで格差社会導入しなくても・・^^;

アメリカの肥満大国化はある意味必然、ある意味、当然のミステリーですね。^^; よく食生活が問題視され、大きな要因だと思いますが、実際暮らしてみると、日本よりアメリカの方がカロリーゼロのお菓子とか、プロテインを間単に取れるお菓子とか多いんですよね。 結局は、意識の問題化かと・・・ 太ったのをファーストフードが悪い!とか他人のせいにしてる人はやっぱり太りますね。^^;
[2006/10/27 13:53] Ray [ 編集 ]

こんにちわー
スポーツって才能だけじゃないですよね。
好き嫌いもあるし、努力することで花開くこともある。

ただ、スポーツが身近になることで、健全な体と精神の育成には結びつくと思うのですが。

スポーツが身近になる、って事においては賛成です。

おいらも、トレーニング再開しました。
[2006/11/01 19:45] tomo [ 編集 ]

>tomoさん
お久しぶりです。^^ 返信遅れて申し訳ありません・・怠惰なもので。^^; 
スポーツ、上手い下手に限らずどんな人間でも身近に楽しめるようになって欲しいです。願わくば子供のときから・・。 ご指摘の通り、続けることによって思わぬ才能開花させる子もいますからね。一見ポテンシャル低くても。
トレーニング頑張ってください☆
[2006/11/12 03:34] Ray [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/165-220dfd6b





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。