スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボルネオ・ダイビング紀行 その1 移動編 

ストーブガンガン朝寝して昼飯食って読書三昧、







隠居生活のRayです。こんばんは。^^








オラさ、東京は寒すぎるだ・・・。




ダイビング旅行の第二段、宮古島もはや来週にせまりました。^^


未だにボルネオ水上コテージ症候群から抜けられませんので、



宮古島から帰ってこなくなったら察してやってください。^^; 






さて、ボルネオと言えば、先日、写真をUPしましたが、














反応薄っ!!笑








宮古ではもっと芸術的センスに溢れた写真撮ってこなくては・・・。



万年美術2の私に美術的センスを求めるのは若干無理があるが頑張ります。押忍。 






さて、遅くなりましたが、簡単に旅行記を・・






まず、今回何処へ行ったか?














ジパダン!










と、言われてわかる人はダイバーだけだと思いますので、解説。




世界的に有名なダイバーズアイランドで、島周りがすぐ600Mくらいまで落ち込むドロップオフに囲まれていて、


世界屈指の魚影を誇る、ダイビングスポットとして知られており、


日本からはツアーで手配し、行くのが一般的。


費用は一週間で15~20万くらいかかりますが、



交通費、宿泊、ダイビング、全て込みが多いので法外な値段ではない。



また伝統的に水上住宅が多い地域で、



リゾートも水上コテージ型がいくつかある。 または小さな島をひとつのリゾートで占有するなど、

中々味わえない贅沢な環境で心ゆくまでダイビングを楽しむことが出来ます。^^



行きかたとしては、


火曜と木曜には、


ボルネオ、マレーシア領のリゾートタウン、コタキナバルまで直行便があるんで便利☆


成田




コタキナバル(一泊)






タワウ(ボルネオの東側のリゾートタウン)






車でセントポルナ





船で小一時間。



と言った、長い行程経てたどり着きます。^^;




直行便ない日は、これにさらに、



成田





クアラルンプール





コタキナバル



が、追加されます。はい。^^;







自分は、木曜出発にしたので、直行便。成田を昼に出て、夕方にはコタキナバルへ到着します


所要時間は5時間ほど。映画二本見てると着きます。



ちなみにマレーシア航空は設備が良い☆



スッチーが美人☆




映画も好きなのを自分で選んでいつでも見れるシステムですし。退屈せずに済みました。




アメリカ版「リング」と渡辺謙さん主演の「明日の記憶」という妙な組み合わせを鑑賞し、


現地時間7時前くらいには到着。



日本語ペラペラな現地スタッフのお出迎えを受け、円からリンギット(マレーの通貨ね)に両替して、ホテルまで送迎されるわけですが、


生憎の雨模様。^^;



ダイビングにきてるんで、当然雨具は持ってない。^^;




まぁ深いことを考えずに、取り合えずチェックイン。

翌朝が朝早い便なので、早朝4:30にモーニングコールを頼む。





コタキナバルは、典型的なリゾートタウンで、今もホテルや、移住者用のマンション住宅の建設ラッシュが続いてるところ。


日本のリタイヤ世代にも人気あるようで、


大量にあるゴルフ場、


富士山より高いキナバル山で登山、



綺麗な海、


オランウータンを育む大自然・・・




コタキナバル滞在で様々な楽しみかたもできます。




治安は極めて良好で、ホテルの立地が若干街から離れたところにあり、町の明かりも暗かったので、若干心配でしたが、全然問題なかったです。カエルが足に激突したくらい。


あと、いきなりドブに落ちた。笑


暗いんだもん・・・^^;




夕飯食べようと、小一時間街を見物・・・・もとい、道に迷ってた訳ですが、


特にトラブルもなかったですね。^^



しいて言えば、途中で欧米風の人に、


「○×ホテルまでの道分りますか?」



って聞かれたくらい?^^;



俺が知りたい。





初日は、ひとりでわざわざ、有名なシーフードレストランに行くのも寂しかったので(一人旅の悲哀)、


迷ったついでに見つけた、


明らかに地元の人しかいないカレー屋に入る。




英語すら通じないのと、缶のコーラにストローが刺してあったハイセンスさはありましたが、


味は抜群でした☆



値段も安い。^^



ただ何を注文したのかも未だに分らないので、何カレーかワカラン。^^; なんか色々のってた。




帰巣本能に任せてホテルに戻る。



雨もやんで、雰囲気はどことなくLA近郊か、マイアミ近郊のような雰囲気もあった。


ただ、ここがLAかマイアミだったら、三度くらい射殺されてたと思うが。^^; 


治安が良いと言うのは素晴らしい。




部屋で、何故か日本の時代劇が映るテレビを見つつ、免税店で買ったウィスキー飲んで、この日は10時前に就寝。







が、早く寝すぎたのか、何度も目が覚めて、迎えの来る5時10分には半分寝た状態で、空港へ送迎。



寝ぼけ過ぎて、朝食のことをきれいサッパリ忘れたので、空港でサンドウィッチを食べたが、

ここで日本人グループを見つけた。 やっぱりグループは楽しそうだ。^^; 





しばしベンチで寝てて、7時頃の飛行機で、一路、東側は、タワウへ。



45分ほどの短いフライトですが、


眼下には有名なキナバル山を望み、オランウータンを育むジャングルが延々と続き、眺めていて飽きなかった。^^



空港でまた別のスタッフのお出迎えを受けるわけだが、


ここで始めて、朝食で見かけた日本人グループと同じ目的地だったことを知る。


プラス日本人の年配のご夫婦も加わって、計8人で、今度はバスで一路港町、セントポルナへ。


途中は延々とヤシ(たぶんパームヤシの栽培?)が続く風景で、日本から遠く離れたことを実感・・。 



セントポルナへ到着して、今度はボートへ乗り換え。


ここで日本人グループの方々と自己紹介。



して、ボートに乗り込み、一日で・・・というより、午前中でだけで陸海空全ての乗りもの制覇して、


目的地の、


ジパダン・カパライ・ダイブリゾートを目指す。

スポンサーサイト

[2006/12/19 17:43] 未分類 | TB(0) | CM(2)

兄さんの写真が綺麗だったもんで、
色々自分でジパダンのことをネットで調べてたw

んで、ダイビングしてみたいと思って、
ライセンスにいくらかかるかとか計算してたw

宮古島から帰ったら、ジンギスカン!!^^
[2006/12/20 06:11] かねと [ 編集 ]

>かねと
写真見てくれてありがとう。^^ 今回は写真を楽しむというより、ダイビングに徹してしまった感があったが、宮古は、日本屈指のダイビングスポットであると共に、水中写真ダイバーに極めて高い評価のポイントでもあるので、もっと写真に重点置いて頑張りますよ。^^
ジパダン調べたんだ?笑 ホンマスゴイ海だったでぇ~☆ 
ちなみにライセンスはまちまち。現地ショップで取ると意外に安い。俺は西表島で24000円くらいで取ってしまった。メチャ安です。
そして満を記してジンギスカンいくべ。^^
[2006/12/21 00:12] Ray [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/184-1f621c13





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。