スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

テストが終わり、明後日のテスト終わったら金曜テストで、週末終わったら月曜テストだ!(TT) 

コーヒー飲みすぎてさすがに胃が痛くなってきたRayです。こんばんは。^^



タイトルにも書きましたが、Mid(いわゆる中間)の時期がずれたりなんだりで、とんでもないスケジュールになってきました。^^;



このスケジュールの中で読まなければいけない文献およそ250ページ、書くペーパー二枚、リサーチにグループワークって、無茶だろ??



前の記事の「妹」に、

「兄さまぁ~☆」って上目使いで呼ばれるだけじゃ、足りません。

ってか、むしろ動揺・・。

頼むから俺を「オペラ座の変人」にさせないでくれ。^^;



しかし前回、久しぶりに恋愛ネタ書いたら、早速お年頃の男性が二名ほど激しく妹萌えしてましたね。^^; 



やはり男にとっては永遠のテーマか??(何のだ?)





しかし眠い! 





「ちょっと疲れたよ・・・パトラッシュ・・・」状態です。



添い寝してくれる方大募集。^^





さて、そろそろ真面目に・・・



今日は西洋思想史のMidだったんですが、エッセイ形式のテストで、問題は二問。予め指定されてました。



が、



コレがまた曲者でして、当然いくら準備してもテスト始まれば何も見ることは出来ません。



ちなみにお題が、

「Discribe the symbolizm of "the cave" of Plato's Repaublic, especially the movement to outside from inside. these words must require in your writing, "visible realm" and "intelligible realm. 」







「Explain some basic similarities between Socrates on his trail and the movement that the prisoner returns to the cave in Plato's Republic. 」



という感じの二問でしたが、







読んだだけで眠くなる問題です。はい・・。^^;



ちなみに

「プラトンの国家の『洞窟の比喩』における、洞窟内部から外への一連の行動は何を示唆しているのか、次の二つの言葉を必ず使って述べよ。」 



という感じと、



「ソクラテスが歩んだ軌跡とプラトンの『洞窟の比喩』における、囚人が再び洞窟にもどる時の行動との基本的な共通点について述べなさい。



と言った感じなのですが、



両方ともプラトン著の「国家」及び、「ソクラテスの弁明」を読んだ上での設問です。



しかし、

「ソクラテスの弁明」はいいとして、「国家」は1000ページ強。^^;







英語で読めるかってんだ・・・。





そんな訳でわざわざ文庫本で「国家」(上下1000ページちょっと、計1500円)を泣き泣き買って、読みふけった訳ですが、



ぶっちゃけ、ようワカラン・・・。^^;



で、



今度は「プラトン入門」(800円)を購入し、ネットで「プラトン・国家・洞窟の比喩・意味・内容」などと探しまくり、ようやく理解。



そして、続いて「ソクラテスの弁明」に関しては、もはや本買ってる時間なんぞなく、自力で読んで、昨日の夜から今朝まで必死にエッセイの練習をしてたんですが、





ようやくまとまったら、日が昇ってる・・・。(TT)



そして朝からコーヒー大量摂取で、なんとかテストを時間に終わらせたときにはもう真っ白な灰になってました。^^;





「今学期はまださほどきつくないな~^^」なんて思ってましたが、ようやく本性現しましたや。うちの学校。





まぁずらずら書いてきて、



「何?すご~い☆ って言って欲しいの?」





「同情して欲しいの??」





という声が聞こえてきそうなんですが、







愚痴りたかっただけです!!







これが自分で選んで、親に頭下げて借金した道、





しかし、









愚痴りたい!!!





私は愚痴りたい!!!!





私は貝になりたい。 (知ってる人は世代ばれます)









妙なテンションなのは灰てんしょ~ん♪





今日も寝れないじょ~♪



はた坊だぁ~じょぉ~♪

スポンサーサイト

[2005/03/07 22:11] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/20-70a9c2a7





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。