スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

書籍紹介:「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート 

祝!12時間睡眠!










予定の無い休日の喜びはベットの中で得られるものである。



寝る子は育つ25年間変わらぬモットーのRayです。こんばんは。^^


今週は土曜日も寝不足のまま過ごしていたので、予定無かった今日は、目いっぱい寝てました


普段が6時起きという農耕民族じゃぱにーずの誇り高き生活をしているのでこの上なくありがたい☆


さて、ベットの中でごろごろ読書・・・・



は何にも代えがたい道楽のひとつですが、

今日は、気軽気楽に読めて、面白く、しかも意外と考えさせられためになる、


という、オススメ本を紹介。




「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート 「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート
コリン ジョイス (2006/12)
日本放送出版協会

この商品の詳細を見る




この作者、コリン・ジョイスさんを見て、ピンっ!と来た人はNewsweek日本版読者ですね?^^


Newsweekを読んでいる人では知ってる人も多いですが、彼は以前からコラムを書いており、

日本に関する鋭くも面白い指摘は、日本人の自分からしても、面白い!と思わせるものが多かったので、

新書本で発見したと同時に購入!



そして期待を裏切りません。^^




外国人が日本を語る



と言うことに未だ違和感を抱える人は多いかと思いますが、

僕から言わせてもらえば、






ニッポンのことは、


ガイジンに聞け!!





ですよ。^^




今、ロンドンとかニューヨークで働いてる人はラッキーですよ! 道歩く人に、明治維新についてコメント求めてみてください。きっと正確かつ的確な意見が返って・・・・・









・・くる訳ありません。







自分が言いたいのは、



日本に長年在住している、


ガイジンさん。






一度知日家となった彼らの学習意欲は目を見張るものがあります。



自分も、知日家ガイジンの宝庫テンプル大学日本校で、学んだだけあって影響は強いです。


政治学専攻でしたが、日本に関しては、歴史、文化、政治、経済、現代社会まで

幅広い知識を持っているし、日本研究専攻と言ったって恥ではない


思っていますが、




意外と他民族のルーツを持つ日本人というな歴史的、民俗学的背景と、日本民族として捉えると見えてくる様々な社会問題を教えてくれた、カイル教授はアメリカ人



歴史的側面から、近代日本、現代日本の政治、社会問題などに鋭く切れ込み、「郵政民営化問題」についてはどのコメンテーターより分りやすく説明してくれた、キングストン教授もアメリカ人


近代以降の歴史を背景に、経済、政治、文化など多岐にわたり日本を分析し、皮肉を交えたユーモアたっぷりに「ニッポン」を教えてくれたロジャー教授はイギリス人。




この3人から教わった、「ニッポン」こそが、自分にとって小中高と学んだことと比べても、深く大きく自分の興味、知識に影響与えた日本ですね。




と、



ガイジンから教わる、


ニッポンは侮れない!




とうのが自分の考えで、




気軽に気楽、ユーモア交えてそれを教えてくるのが今回紹介した、



「ニッポン社会」入門



です。^^




お時間ある人は是非手にとってみてください!





表紙カバーから以下抜粋、




日本で暮らすならこれだけは、覚えておこう。



・歌舞伎は歌舞伎町ででやっていない。

・「納豆は平気ですか?」と30回は聞かれる。

・日本の「パブ」はパブではない。

・作家とサッカーの違いは大きい。

・結婚式には招待されないようにしよう。

・電車が遅れてると思う前に君の時計を疑え。





こうなれば君は日本で暮らしていける。


・電話を切るとき思わずお辞儀してしまう。

・「お忙しいところすみませんが」と前置きして喋る。

・ごみの分別に、異常に執着してしまう。

・シャツにプリントされたヘンな英語を読まなくなる。

・英国の友人の納豆や梅干を食べさせたくなる。

・マスクを付けた人と笑わずに会話できるようになる。

・居酒屋でお通しが出てくるとホッとする。

・お土産に味噌とスルメを持ち帰る。




Byコリン・ジョイス
スポンサーサイト

[2007/02/18 22:39] 未分類 | TB(1) | CM(2)

たしかに、言われると納得な内容で笑っちゃいました♡
あたしが行ってた幼稚園にはアメリカ人の子がいて、その一家ととても仲良くさせてもらってて☆
クリスマスとかはパーティに呼んでもらって、雛祭りとかは家に来てもらってってすごく楽しかった~♬
あたしは小さすぎてそのときは何にも抵抗なかった。日本でやっていけるってとこ読むと確かに子供には関係ないもんね~って発見ヽ(→∀←。)ノ
[2007/02/19 00:03] ゆみにぃ [ 編集 ]

>ゆみにぃ
もしこの紹介文だけで面白い!と感じたら買っても損はないですよ。^^ 子供のときは気が付かなくても、今突っ込まれると、あれ?日本人って変??もしくは凄くない!?って思えることを数々教えてくれる本です。 そんな僕は、幼稚園前半:カトリック系 幼稚園後半:仏教系。笑
[2007/02/20 01:02] Ray [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/210-8a5faba5


【日本の政治】について

日本の政治日本の政治(にほんのせいじ)は、日本国憲法に定められた体制に基づいて行われる。そのため、日本は、立憲主義に基づく国家であると言える。また、日本の司法・行政は、憲法と国会が定める法律以下、明文化された法令に基づいて行われる。そのため、日本は法治国
[2007/05/23 15:17] URL 日本邂逅



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。