スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

決して忘れてはいけない情熱。 

永遠なのか~♪




本当か~♪




時の流れは続くのか~♪



と、いきなりブルーハーツの「情熱の薔薇」と共にRayです。こんばんは。^^





時に流れが続くのかは分りませんが、


少なくとも、


時の流れは、


確実に、そして恐ろしく、


早い




ということと、



その流れは、いとも簡単に



様々なものを忘れさせる




ということを実感した。



というのも、


ちょうど昨年の今頃、

このブログでも、「その15」まで書いた、

超長期連載だった、


インド研修記:Rule of NGOs In International Development
http://raykohey.blog50.fc2.com/blog-date-200605.html#entry138

の研修に参加してからはや一年・・


自分らが記念すべき第一期生でしたが、テンプル大学は今年も同様のプログラムを行い、

第二期生たちが、今年の研修を行ってきたとのことで、

今年研修に参加した同級生と先日会ってきました



インドから帰ってきたばかりの彼は、煮えたぎるような情熱と共に帰ってきて


去年の自分も見ている気分でしたが、反面、






ゾッとしましたね。






一年、

僅か一年で、



あの情熱に溢れた自分はどこに?





いつの間にか、



ビジネスも、キャリアアップも



全て自分のため







去年のブログ、研修記の最終回で自分がこんなことを書いています。






「誰かのために働く」 

当たり前のようでなかなか出来ないこのことが、自分自身の働く意義目的になると思いました。







こんなことも書いています。







もうひとつ、インドから教えてもらった最も重要なことは、


Power to Survive



生きるための力
 ってやつです。




特に、必死にならなくても生きていけてしまう、この日本にあって、  
人々が日々必死に生きている



この余りにも当たり前で、大きな力に満ちた感覚を全身で味わえたことは、今後の人生で大きな大きな財産になると思っています。












俺は、あの時心に決めたことを、もう忘れるところだったのか・・



この一年、「成長した気」には随分なってた。


ただ、実際には、随分小さい人間になったもんだと・・。



そのことがはっきり分って良かった。



忘れてはいけないものを忘れる所だった。




今はもうはっきりした。


今の仕事で使えるものは出来る限り吸収して、

国際協力分野の舞台に出来るだけ早く立つ。





あの時、インドの僻地で出会った、世界で最も澄んだ瞳を持つ子供たちに、

また胸を張って会えるような人間になろう
・・。



恐らく、去年インドから帰ってきたばかりの自分が、今の自分を見たら相当ショックだろう・・



ただ、


もう平気だ。


思い出した。


はっきり思い出した。


決して忘れてはいけない。



決して。



決して。



決して。
スポンサーサイト

[2007/05/07 23:50] 未分類 | TB(0) | CM(2)

思い描いていた通りに生きるのは、なかなか難しいことですよね。できる限りコントロールしたいと思いつつ、妥協を重ねているうちに、気づけば「自分はどこにいるんだ?」という状況になっている場合もあるかと思います。戸惑い、迷いながらも目標を目指して進んでいけたらいいのですが…。
見つめなおせたのなら、「インドの後輩」と話したのは良い機会でしたね。
[2007/05/09 07:12] ガチャピン [ 編集 ]

>ガチャピンさん
難しいですね。本当に・・。^^; 小さな妥協が積み重なると本当に短い時間でも自分の目指すもの、自分の位置が見えなくなることがよく分りました。
熱い志持ったヤツラとは定期的に会って、お互い高めていきたいと思います。^^
[2007/05/09 22:43] Ray [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/235-bfb1908b





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。