スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私事:ダイビング&温泉三昧 

久しぶりにトレーニング以外の週末過ごしましたRayです。こんばんは。^^ 



まぁ疲れが抜けない中、今日は早速シャドー中心にトレ再開したらもうバテバテ・・^^; 

amino VITAL タブレット をボリボリ食って頑張ってます。 



さて、話しは金曜日にさかのぼり・・・



金曜日はうちの会社の新サービスの説明会とやらを開催し、プレゼンターに抜擢されたので、

先週は資料作りやら練習やら準備やらでどたばたと・・。


当日も何とか無難にこなして、全速力に家に帰り、シャワー浴びて直ぐに出発!



目的地は、


南伊豆:下田


久しぶりに伊豆でダイビングです。^^ 


8時頃、一緒に行く知り合いに車で迎えに来てもらい、一路伊豆へ・・・・

だったのですが、


下田は遠い・・。^^;


伊東から60キロも離れてるとは思わなんだ・・ 

意外と伊豆半島の土地勘ないことを知る。



普通のセダンサイズの車の後部座席にヤロウ三人という素晴らしい環境の中、

プレゼンでへとへとになった体を揺られること5時間ほど。


下田を抜けて、


山を越え、畑を越え、



今回お世話になる、



下田ダイバーズに到着☆



雰囲気としては、

銭金に出演してる「自給自足ビンボーさん」が住んでそうな所。笑


ダイビングしに来てまさか山の中に泊まるとは思わんかった。^^;


ようはココを拠点に南伊豆周辺を潜るわけです。


この日はばったり死んだように寝て、翌日、土曜日の朝7:00という、普段ではありえない時間に起床。

下手したら寝る時間だ。

朝食を取って、一路、今回のポイント、



雲見

へ。



下田から車で40~50分。恐らくダイバー間くらいでしか有名ではない場所。 

伊豆半島の南西端に位置し、独特の地形が有名なスポット。


峠を越えて、山を越え・・・と移動の風景も十分に楽しめるのが伊豆のダイビングスタイル。^^ 



天気快晴☆


気温も30度くらいまで上がり、絶好のダイビング日和☆




と、思いきや、



潮の流れが悪く、透明度がガクンと落ちているとのこと。

透明度がよければ、

複雑な水中風景と光のコントラストが、宮古島のポイントのような素晴らしい光景を生み出すはずだったんですが、


生憎透明度は7Mくらい。^^;



しかし始めて潜るポイントは、何が出るか分らない緊張感もあり、楽しめてしまうのがいい所。^^


一本目の途中で、


1M越えの真鯛の集団




刺身だったら狂喜しそうな集団がいてビックリ。


色んな魚に囲まれた経験はありますが、

真鯛に囲まれたのは初めてだ。笑


触れるくらいの距離まで来たヤツもいた。


よゐこの浜口だったら絶対取ってたな。^^



この日は夕方前までに3本キッチリ潜って、下田ダイバースクラブハウスに戻る。


夕食まで時間が合ったので、

今回連れてってくれたベテラン伊豆ダイバーの友人オススメの温泉に行くことに。


車でたっぷり30~40分かけて、行った、


観音温泉



という山の上にある温泉でしたが、


中々見事な温泉でした☆



飲泉



を売りにしているのですが、


文字の通り、飲める温泉。


源泉をぐびぐび飲んでみたが、サッパリと美味い☆



露天あり、寝湯という寝そべって浸かれるコーナーもあり、至福のひと時。

こりゃ朝青龍も治っちゃうよ? 


そして注目すべきは、




非常に人権に配慮された



温泉施設である




ということ。




「タトゥー入っている人の入浴お断り」





などの、



人権侵害甚だしい



注意書き一切無い!





素晴らしい。^^



安心して半身浴もできました☆




宿に戻って夕飯後は、一緒に潜った人と色々話しながら、ビール五本ばかり飲んで、

11時前にはパタッと寝る。


ダイビングで運動して、温泉で癒して、早寝早起き・・

と、健康的です。^^ 



翌朝は、日曜日の6:30起床と、もっと普段ではありえない時間に起床。


前日と同じく、雲見でダイビング。


この日も、一段と透明度は悪く、流れもかなりありましたが、途中で、人間大程の大きさもあるクエに遭遇。

下手なサメくらいあったぞ。^^;


クエ鍋にしたら何人前でしょうか・・?


他にもアジの群れとか、美味しそうな魚がやたらと多い。笑


この日は昼前に2本潜り、昼過ぎには撤収。


伊豆半島南西端の雲見から、行きとは逆の西回り→天城越えのコースで伊豆半島を北上。


途中、恋人岬や堂ヶ島海岸など、有名な景勝地を尻目に、

天城の山の中で、湯の里という温泉施設で、この旅二度目の温泉。^^



ココも人権に配慮された温泉で非常に安心してリラックスできました☆


Tattoo保持者は伊豆へ行こう!



ダイビング自体は確かに透明度とか大満足とはいかなかったものの、久しぶりに堪能した温泉には大満足☆ 


Tattooに優しい温泉、美しい国、日本を目指して頑張りましょう。全国の観光地。 


帰路は沼津インターから東名で帰ったのですが、途中、エライ渋滞にはまりかなり遅くなってしまいました。^^; 



これから秋の行楽シーズンを向かえ、海と山両方の自然と温泉を満喫できる伊豆半島は、

ノンダイバーの方にもオススメです



東京からさほど離れていないで、素晴らしい「日本」の風景を味わえる場所かと。


機会あったら是非訪問してみて下さい。^^ 
スポンサーサイト

[2007/09/24 21:20] 未分類 | TB(0) | CM(2)

私も子供の頃よく下田に泳ぎに行っていました♪伊東もやっときた~と思ったほどで下田は遠いんですよね。。と言うか静岡が広いんですよね!
透明度は残念でしたが真鯛の群れ巨大なクエ、温泉に友人とのお酒と、とても充実した休日ですね☆
飲泉の効能は出てますか~??

[2007/09/26 03:24] もっち [ 編集 ]

>もっちさん
自分もガキの頃下田行ったらしいです。(0・5歳くらいの時)
確かに静岡デカイ。伊豆半島なんてホント端っこですからね。^^;
温泉の効能はどうなんだろ? 何か微妙に風邪気味。爆 まぁ精神的にはだいぶ癒されました☆
[2007/09/27 22:14] Ray [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/273-8b343c74





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。