スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スポーツネタ:本当のファイトとは・・ 

起きた時には既に週末が殆んど終わっていたRayです。こんばんは。^^ 



土曜日は自分で勝手に仕事作りまくって、勝手に終わらなかったので休日出勤。^^; 

勢いよく走り出して、勝手にずっこける、

ひとり足払い 

は、民主党も自分も得意技です。^^



昨夜寝たのが、三時で起きたのが、4時


早朝かと思ったら、夕方でしたよ。^^;



バテバテでしたが、昨日も帰宅後、今日も夕方体は動かした。偉いぞ。俺。 


しかし、一日しかない休日の大半を睡眠で使ってしまうと、やることというと、ネットか読書くらいしかない。^^; 

んな訳で、格闘技映像でも漁ってました。


日本のボクシング界は未だに亀問題しか話題にならない寂しい現状で・・・

いったい本日、亀田と同じ所属ジム、同じ階級、フライ級のWBA(内藤がWBC)の世界チャンピオン、

坂田健史の世界タイトルマッチがあったことを一体何人の人が知っていることやら・・。



やはり根本的ナ問題で、誰が見ても、「熱い!面白い!」って試合がバンバン出てこないと人気の底上げには繋がらんですね。

キャラ付けとかはその後だ。



では、本当のファイトとはどんなものか?



これぞ、ホンモノ!という一戦をどうぞ!

ボクシング史上に残る名勝負、

マービン・ハグラー VS トーマス・ハーンズ




お互いに富も名声も獲得した、名選手。 しかし全く守りに入らないバチバチのシバキ合い。 捨てパンチ無し。

黄金のミドル級と呼ばれていた80年代屈指の名勝負☆

http://www.youtube.com/watch?v=ZYHSHd1xfpY


しかしハグラーはカッコええ・・。 


いかつい面構えに、いかにも強そうな肉体、基本に忠実かつ、独創的なボクシング、寡黙で常に自分に厳しく謙虚、 

流行の言葉で言えば、チャンピオンの「品格」を全て兼ね備えた漢とかいて、オトコですな。^^ 
スポンサーサイト

[2007/11/04 22:23] 未分類 | TB(0) | CM(2)

すげぇフックだ。1ラウンドからすげぇ飛ばし様だ。面白い。
[2007/11/05 03:18] びえり [ 編集 ]

>びえり
これが名選手呼ばれる由縁ですよ☆ 80年代の「黄金のミドル級」の真骨頂です。^^
上り詰めても守りに入らない・・・そんなオトコになりたいっすね!
[2007/11/05 22:29] Ray [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/285-cef22dcf





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。