スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボクシングネタ:大金星!「不審者」から世界チャンピオンへ! 

最近絶賛残業中のらRayです。こんばんは。^^


実家暮らしなのに家でオカンの飯食えないのは切ないだす・・。



が、



そんな鬱屈吹き飛ばす出来事が日本ボクシング会に!



まずは、こちらの記事を読んで頂きたい・・


小堀不審者に間違えられる




セツネェ。笑


日本チャンピオンを6度防衛しようと、ボクサーは所詮、一般人にとって、


「誰それ?」


の存在・・。




そして、この小堀が挑む「ライト級」という階級、


体重、61キロほど、と世界で最も人口が多いといわれている、階級です。



過去に日本人で、ライト級の世界チャンピオンに上り詰めたのは、

ガッツ石松と畑山隆則の二人のみ。



今回、小堀選手は急遽決まったタイトル戦。

国内王者6度防衛の実績はあるものの、ひとつ下の階級、スーパーフェザー級でした。


対するチャンピオン、

ホセ・アルファロ、ニカラグア出身。

20勝18KO3敗




昨年に王者になったばかりで、今回が初の防衛戦。

まぁ群雄闊歩のライト級では、比較的戦いやすい相手ではあるものの、好戦的ファイターですし、当然、予想は圧倒的に不利。


自分も不利を予想しておりましたが、


一階級下とはいえ、小堀は日本人としては珍しいインファイター。

接近戦での打ち合いが得意かつ、パワフルな攻撃力が武器。

そして、フックの当てカンというか、タイミングが素晴らしいものがあり、好戦的なチャンピオンが打ち合いを挑んでくれば、チャンスもあるのでは・・?


と、乱打戦に持ち込めば勝機が無くもないのでは?

と、考えておりましたが、

まぁ無理かな・・・が正直なところでした。ボクシングの世界は厳しい。



そして、いざ試合は早くも2ラウンドから動く。



チャンピオンのストレートからのコンビネーションの前に小堀、足が止まり棒立ちに。

スタンディング・ダウンを取られ、早くも暗雲・・。




が、しかし、ここで弱気になれば勝負は決したが、小堀選手、下がらない。


打ち合いに挑む。


当然、早い段階でダウンを奪ったチャンピオン決めるつもりで、打ち合いに応じる。



3ラウンド、終始近い間合いで、打ち合う両者・・



そして、運命の瞬間が・・




3、4度、得意の左フックを大きめに打ち込む、小堀。


チャンピオン、全て落ち着いてさばく。


タイミングは見切ったとばかりに不用意にチャンピオンが前に出たところを、

小さく絞った左フックが完璧なタイミングで先端を捉えた!



チャンピオン崩れ落ちる。



実際この、小さな、しかし余りにも大きな一撃で勝敗は結した。



立ち上がったチャンピオンに一気に連打でたたみ掛け、レフェリーが割って入る。




見事、3ラウンド、TKOで小堀選手の勝利!




日本人で三人目の


ライト級の世界チャンピオンとなる!





運命の3ラウンド目 ↓




いや、ホンマに感動しました。


「諦めない」こと、「自分を信じぬく」こと、


月並みですが大切ですね。


努力を惜しまなかったものが、掴んだ栄光、心から祝福したいです!
スポンサーサイト

[2008/05/20 23:33] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ニュースの小堀選手のコメントウケたw

「有名になりすぎると、エロビデオ借りれなくなりますからね」ってwおいw
[2008/05/22 17:31] ヴィエリ [ 編集 ]

>びえり
この人の天然キャラはボクシング業界では有名だったんよ。今回だって、対戦相手の公開スパーを寝坊で遅刻して見れなかったり、ベルトは使い古しの紙袋に入れて持ってきたり。笑
[2008/05/22 21:51] Ray [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/341-b6cf4380





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。