スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビジネスネタ:そうよ!使わなきゃMOTTAINAI!! 

ボディブローには耐えれても腹痛には弱いRayです。こんばんは。^^; 



今週は月曜からいきなりげ~りげり♪で参った・・。


腹が弱いのはもうすぐ27になっても直らんねぇ。 中年になっても変わらなそうだ。


必死の必死の必死の必死の思いで増量に励んで、トレーニング直後におぅぇ・・・ってなりながらも食って、やっとの思いで2キロ増えたのにパーになっただ・・。


ダイエットとか減量は努力しだいでいくらでもなりますが、増量はね・・^^;

恐らく挑戦した人しかワカランこの苦労。 




さて、今回はビジネスネタなんですが・・・









コレだっ!!!






おいっ!


特に、



テンプル大学の同士!


及び


海外の大学出た連中注目。






例によって日経ビジネスのコラムより。




自分がつらつら引用しながら書くよりも、まず読んで☆








採用のチャンスは海外にあり


サブタイトルが日本人留学生の獲得術。




読みました?





まずこのコラムに共感したのは、



企業中心の採用活動から、学生中心へ



って、ところね。



労務契約、という、



全く持って対等な立場の契約を結びに行くのに、


何故、企業が採用スケジュールまで一方的に決めるのか??




自分が常々疑問に思っていたこと・・。



Temple Univにいた時も、


「日本企業で働いて、日本の現状帰るんじゃ!それでこそ日本男児!」

と、何とか挑戦はしたものの、



胃に穴が開く寸前で何とか内定一個貰っただけでして・・^^; 


結局、3月の時点で内定先、蹴って、あっさり外資の広告関連へ逃亡。


めでたく、人身削減になりーの、


およそ一年ぶりに先月、また外資に戻ってきました。


で、別に自分は「外資信仰」ってないんですよね・・。 


ただ、もはや「日本企業」には受け入れてくれる場所がない。 



結果、外資になります。


「外資は厳しい!日本企業は優しい!」みたいな神話もありますが、

自分の能力に合った、プロフェッショナルな仕事貰えて、原則残業禁止の現職の方が少なくとも優しいです。 


で、タイトルにもあるんですが、


何より「もったいない」のが、

海外の大学出た友達、優秀な友達も沢山いますが、優秀なヤツってまず国内企業に行かないんですよね・・。


コレって、非常に勿体無い! 世界に通用しうる人材、それも自国の人間から背を向かれるって、実にMOTTAINAI!!


既にアジアの学生からは就職先としての日本は2流か、それ以下になってしまっていますが、結局色々原因はあります、


待遇面、


給料面、


などなど・・


最も大きいものは、




採用活動の柔軟性の無さ




だと思います。




少なくとも、4大を出た、22~3歳の連中を4月1日から一括で・・・


っていうのは余りにも柔軟性がない・・。 



新卒としての就職活動For日本企業

新卒としての就職活動For外資

転職活動For日本企業

転職活動For外資



と、ここ1~2年の間に全てこなしてきまして(それはそれで問題だが・・)、



友達には、


「職業転職屋」

とも呼ばれ、色々肌で「採用」ってものを見て参りましたが、


今の状況では、少しアウトローの連中は外に流れるのは間違いないと思います。


まぁ留学生って嫌われるのも事実


変わり者多いですし、自己主張強いし、権利意識も高いし・・・


でも、




ビジネスでしょ?




ビジネスの場において、変わり者で自己主張強くて反骨心あるヤツって必要だと思うんですけどね・・。


特にグローバルの潮流の中、顧客にしろ、パートナーにしろ、多種多様になる中、色んな経験つんだ連中を取り込んで、

苦労はしても組織に組み込むための努力、投資は絶対必要だいと思います。



とある、外資系の投資銀行の人事部の人のインタビューだと、


「最近の若者は本当に出来がいい!」の一点張りだったとか。


その後、こう続けていました。


「最近の若者は・・・と、文句言う企業はそれくらいの人材にしか相手にされていないんですよ」


だって。


認めたくないが、的得てるんだろうなぁ。^^; 



ちなみに今回のコラムでは、



留学生


にたまたま焦点当てていましたが、


これがフリーター経験者とか、大卒後世界各国放浪したぜ!みたいなのでも良いわけで・・。



現場を知りつくしたフリーター経験者とか、企業ニーズと照らし合わせれば欲しくなるところも多いはずですけどね・・。

上から見た視点では分からない情報沢山持っているはずですし・・。 






ちょっと時間ないので、話をまとめますが、

紹介したコラムの、



企業中心から学生中心の採用



をもう少し突っ込んで、





企業中心から労働者中心の採用へ



で、どうでしょう?^^ 




繰り返しになりますが、

雇用契約なんぞ、イコールな関係です。



時間、知識、労働力を提供する。だから給料貰う。以上。 

企業が上に立つ理由なんてないんです。




ただ重要なことは、




労働者となる立場の人間は(自分も含む)、


常に自分自身の能力を向上させる、


ってことは大前提
ですね。





夏目漱石だって言っています。



「向上心無き者は馬鹿だ」と。




取り合えず、テンプル同士に告げること、



あなた方は素晴らしい人間です。

どうか周りに流されず、自分の意思で、自分の目で、キャリアってものに向き合ってください。

そうすれば、自ずと、「就活」が目的になる、なんてことはないはずです。





今日はこの辺で。



腹痛い。笑
スポンサーサイト

[2008/06/11 22:44] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/348-d203e70a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。