スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

音楽ネタ:08年集大成、全力でプッシュするアーティスト!(みんな読んで!!) 

休みだったんで一日中FXちらちら見ながら過ごしてたら利益が5000円だったRayです。こんばんは。^^



やっぱり俺は短期の投資・・ってか投機は駄目だ。むいてない。^^; 

まぁ5~6万しか動かしてないから10%は立派と言えば立派ですが・・。


堅実にコツコツとですね。やはり。



さて、08年度も様々な音楽ネタを書いてきましたが、







総決算



とも言える、暖めていたアーティストをご紹介。




というのも、







自分の友達です☆





音楽やっている友達は数多く、プロを目指した連中も多かったですが、やはり現実は厳しいもので、27年間、

メジャーデビューしたで!!

って、声は聞けず終いでしたが、


今年、ついに我が友達の和の中から、しっかり全国でCD発売した方が誕生しました!



ヒナタカコさんというアーティスト。



オフィシャルサイトのプロフィールから抜粋しますと、



16歳の時、福井県で開かれた小谷美紗子さんのライブを見に行ったことから、弾き語りに興味を持ち、曲作りを始める。


福井県三国高校在学中、初めて人前で自作曲を歌ったYAMAHA主催TEEN'S MUSIC FESTIVAL2001にて全国大会(東京国際フォーラム)まで進み、2位にあたるロッテ賞、オーディエンス賞のW受賞を果たす。(受賞曲「行かないで」は2002年5月、YAMAHA TEEN'S LABELよりシングルリリース) 同大会はaiko、椎名林檎、絢香など、多くのアーティストを発掘している音楽の登竜門的大会。(2007より MUSIC REVOLUTIONと改名)
当時、福井テレビや福井新聞、FMなど多く取り上げられる。



受賞曲がリリースされ、本格デビューが期待されるも、大阪音楽大学ピアノ科に入学(2002年4月)し、ピアノ科でクラシックを学ぶ。学業優先のため音楽活動は最小限となる。



音楽教師を志していたが、2005年5月、母校の三国高校にて教育実習時、生徒たちの前で曲を演奏した時に、歌が自分と人を繋ぐツールと実感。プロを志す。同秋、同高校の文化祭に呼ばれ、全校生徒の前でライブを行う。



2006年春、大学卒業後、上京し、東京で音楽活動を開始。これまでに、自主制作CDシングル『緋色の涙/神無月』、ミニアルバム『4』をリリース。



上京2年目の2007年には、c.c.lemon(ex.渋谷公会堂)での渋谷音楽祭や、東京・丸の内の丸ビル X'masライブイベント、2008年夏には、逗子海岸OTODAMA SEA STUDIOにて実力派女性シンガーソングライター特集ライブイベント「LIVE BOUND! Vol.1」に出演と、首都圏で着実に実績を重ねている。



地元の福井でも、2007年8月、 FM福井 第2回HOME TOWN SONG AWARDで グランプリ受賞。2008年8月には、えちぜん鉄道5周年記念イベント出演や、FM福井主催ホームタウンソング大賞に特別ゲスト出演。2008年9月に、福井・響のホールでライブ出演、2008年10月31日・11月1日には、福井放送ラジオ、福井テレビにゲスト生出演、FM福井での放送収録、花らっきょ祭りでのライブ出演と、地元・福井での活動を広げている。



2008年11月8日には、東京・恵比寿で、初のワンマンライブ、11月9日には、日比谷公園でのニッポン放送の例年イベント「THE ラジオパーク2008」にライブ出演が決定。2008年12月3日(水)には、待望の1st album『潤 -jun- 』が全国発売となる。




オフィシャルサイトは


こちら




ちなみに初めて実際に歌っている姿を見たのは、昨年の秋、渋谷音楽祭というイベント。

プロフィールにもあるとおり、初めて人前で歌ってヤマハのTeen's Music Festで準優勝するんだから相当なもんだろうと思っていましたが、

どうも一緒に鍋食った時のイメージから、ミュージシャンのイメージが中々想像できず・・^^;


そして、


ピアノ弾き語り



私の音楽の好みからいささか距離を感じ

不安もありましたが、


その歌声に圧倒されたその瞬間、今でも忘れません。



オーバーでも何でもなく、「始めて聞いた歌声」だったんですよね。


もっとほんわか歌うのかと思っていたのですが、

一言で言うと、何でしょう? 

幾重にも重なった声っていうんですかね?

演歌みたいに拳の効いた声にも聞こえ、Jazzやブルースの歌声にも聞こえて、声の奥行きが素晴らしく、

ひとりの人間がひとつの曲を歌っているのに、幾重にも重なった、コーラスのように感じた歌声に完全に聞きほれてしまいました。


一応、自分はメタルやハードロックやら、「首をぶんぶん振る系」だけでなく、

ジャズ、ブルース、ポップ、テクノ、はたまたクラシックまでかなり幅広く音楽を聴き(実は聞かないのはR&Bくらい・・)、

プロアマ通して、沢山のアーティストを見てきたので、格闘技ほどではないにしても、それなりの目を持っていると自負しております。


そして自分が出した答えは、




コレはホンモノや!!



ですね。



絶対にもっともっと多くの人を感動させ、虜に出来る音楽だと思います。


なので、2008年の音楽ネタの総決算として、ココに紹介させていただきます。(本人未承諾)





ヒナタカコ デビューアルバム 潤



アルバムから一曲、

「街」







応援よろしくお願いします☆
スポンサーサイト

[2008/12/30 00:37] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/443-721b2ef1





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。