スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私事: へそ曲がり男が好きな時計 

初夏の陽気を思わせる麗らかな気候の中目一杯不眠症なRayです。こんばんは。^^


寝ることに関しては些細なことでもすぐに影響が出る、ガラスのハートの持ち主です。はい。

そして酒が好き、それもウィスキーとか高いアルコール度のものを好む・・って、アル中候補生ですな。^^; 

気をつけないと・・・。



それはそうと、無事に引越ししました☆


やはり窓があるってええなー

まぁいきなりネットが繋がらず四苦八苦でしたが。^^; 


明日は日用品買出しに行ったりしないとね。 トイレにペーパーすらないので、う○こも出来ません。

新たなスタート、心機一転頑張ります☆


ガンガン稼いで、金使わないとね・・。


「消費」こそが不況に対しての最大の特効薬ですよ。



「消費しない」と言われる我々、若者世代ですが、

東京都在住独身で、仕事都心・・・という条件で、車は買わない&乗らないですが、

その他は自分、意外と金使います。


美味しいお酒には目が無いですし(家にシングルモルトのウィスキー×6本)、旅行も好きですし、趣味でダイビングもやりますし、トレーニング費も掛かりますし、葉巻も好きですし・・・・

中でも、こだわってしまうのが、




時計





ですね。


男のロマンです。はい。


たかだが3センチちょっとの円の中に「宇宙」があるわけですよ!

「正確に時を刻む」という目的に作られた、精巧な精巧な機械・・・

って、ことで取り分け、


機械式


が、大好きで、中でも、



30年以上前のもの


いわゆる、「アンティークウォッチ」には目がありません。^^



「目がない」とは言うものの、



アンティーク・機械式ウォッチコレクション総数








じーちゃんから貰った、



OMEGA の De Ville



1個




と、「目がない」というには若干苦しいというか、


「コレクション」になっていない状態が、長らく続いておりましたが、




今回、2つ目を遂に購入!




まぁだいぶ前に購入はしていたのですが、60年代後半のものと、古いので調整に随分時間かかり、先日届きました☆



王道、が余り好きでなく、へそ曲がりな私が選んだブランドは、




TUDOR




英語読みで、「チューダー」

日本だと「チュードル」で通ってるブランドですね。



実は、正確な設立年月日等が不明な、マニア心くすぐるブランドで、

元々はロレックスのぱくりディフュージョン・ブランドとして設立されました。


1930年代、ロレックスは今とは比べ物にならんくらい硬貨で、イギリスに進出する際、


「イギリスの貧乏人どもにもロレックスの気分味あわせてやるよ♪」的ナ名目でつくれたのが(違います)、チュードル。


実際、ロレックスのパーツを使いながらも、ムーブメント等を他社のものを使い、ロレックスのクォリティー保ちつつ、安価で提供出来るようになったブランドです。


ロレックスが発売しているモデルのそっくりさんも主に提供しているイメージなのですが、

60~70代に掛けて、オリジナルのデザイン、コンセプトの時計を出しては消え、消えては出し・・・としていたため、

ここら辺の年代のチュードル製の時計にはマニアックなものが非常に多い・・

そして私が選んだのが、こちら。

チュードル オイスター コバラ 60年代後半型

tudor.jpg


今のロレックスのデザインとは似ても似つかず、

一見すると新興のノーブランドウォッチにも見えなくも無い、変わったデザインのもので、見た瞬間に、一目ぼれ☆

今は毎日一緒です。(はぁと)





と、









長々と自慢でした。爆





おそらく、


「Rayさん、いい時計してますな・・」


って

会った時に言うと一杯奢ってもらえるはずです。^^
スポンサーサイト

[2009/04/23 22:04] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/482-8c5f9049





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。