スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボクシングネタ:今年上半期最大のイベント ハットンVSパッキャオ(試合映像あり) 

ゴールデンウィークに入ったらいきなり風邪気味になったRayです。こんばんは。^^


仕事のみならず、遊ぶ時ですら具合悪くなる、



これこそが本物の虚弱です。



Golden Week に Golden Weak・・・・



はい。寒いですね。



さて、皆さん良いGWをお過ごしでしょうか?


自分は昨日は友達とドライブ&温泉、本日はボクシング観戦(ネット)&家族でBBQと、まぁ何だかんだで楽しくやってます。^^


そして本日のボクシング観戦ですが、


今年上半期最大のビックマッチ



が、やってきました。^^


奇しくも私がこのブログでも何度か書いている、「素晴らしき拳闘家」シリーズにも登場した2人の戦い、




東対西


というサブタイトルもついたこの一戦。


リッキー・ハットン(英)


VS


マニー・パッキャオ(比)




今や、世界で最も人気があり、実力を兼ね備えたボクサーになった、フィリピンの英雄にして、アジアの誇り、世界で最も有名なアジア人スポーツ選手でもある、パッキャオ選手。

53戦48勝37KO3敗2分、最初の世界奪取はフライ級(51キロ弱)から始まり、スーパー・バンタム(55キロ)、フェザー(57)、スーパー・フェザー(59)、ライト(61)と着実に次々に階級を変え、うち4階級でベルトを巻き、

昨年、ウェルター級契約(66キロ)で、アメリカの英雄、オスカー・デラ・ホーヤと対決し、

大方の予想を覆し圧勝。

「ボクシングは階級が定められたスポーツである」

そして、

「アジア人ボクサーはヒーローにはなれない」


という概念すら壊してしまう、実績を持ち、さらに試合が毎回面白い!

と言うことなしのボクサー。


対する、英国の英雄、リッキー・ハットン。

44勝32KO1敗、パワフルな突進と連打、タフな肉体を誇り、常にインファイターと戦う好戦的なスタイルからイギリスで最も人気のあるボクサーのひとり。実績も十分。

さて、戦前予想ですが、

今回は流石にパッキャオ苦戦を予想・・。


まず今回の階級はスーパー・ライト級。(64くらい)

ハットンの圧力に屈するのではないかと・・。

そもそもパッキャオがライト級(61キロ)に上げた時点で、既にオーバーウェイトでは?と言われたくらいで、

今回は体格差が出るとは思ったのですが、

前日軽量の時点で、完璧に絞り上げた体を披露。

コンディション作りに問題はないようで、コレはひょっとしたらひょっとするかも・・?と思いつつ見た試合・・・・・






有り得ねー!


アリエネー!!





1Rに二度ダウン奪い、2Rトドメの左で


パッキャオのTKO勝利!



マジかよ・・・。



こういうボクサーみたことあります。漫画で。笑

もはや現実を超越した存在になってしまった・・・。汗

しかし、


今日ほどアジア人であることを

誇りに思ったことはない!




ホント、素晴らしいボクサーです。^^
スポンサーサイト

[2009/05/03 23:43] 未分類 | TB(0) | CM(4)

私も観ました、この試合。激しい打ち合いになると
思いましたが、パッキャオ圧勝には驚きました。

それにしてもパックマン、以前は体が小さくて大人
しそう(でもリングに入ると大暴れ)という印象
でしたが、貫禄がついて記者会見のコメントも堂々と
したものですね。ここまでビッグネームになるとは
思っていませんでしたが。
[2009/05/12 11:42] ガチャピン [ 編集 ]

>ガチャピンさん

おぉ!ごらんになっていましたか! 
パックマン、体も完璧に増量に成功してますし、階級上げるにつれてどんどんステップ、取り分けサークリングの技術が格段に向上していることに驚かされます。

自分はスーパーバンタム級のベルト取った時から見ていましたが、まさかパウンドフォーパウンドは元より、歴代ボクサートップ10にもランクインしそうなボクサーになるとは思っていませんでした・・。

最初見た時は「強そうな拉致被害家族会の蓮池さん」だったんですが・・爆


[2009/05/12 23:27] Ray [ 編集 ]

しばらくWOWOWの契約を解除していたのですが、その間にパウンドフォーパウンドと呼ばれるようになっていた気がします。今回の試合で、リングアナも当たり前のようにそう紹介してましたね。軽量級出身では珍しいんじゃないでしょうか。

蓮池さんの例えは言いえて妙だと思います。しかし間違えて彼を拉致しようとしたら、瞬殺されてしまうでしょうね。

>ガチャピンさん
パウンドフォーパウンドがフライ級出身のアジア人ですからね・・。 ボクシングの歴史見渡しても考えられないことです。
彼の凄いところは世界中のボクシングファンに評価されているところですかね? 各国見渡してもアンチが非常に少ない。
[2009/05/13 21:48] Ray [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/486-d067df5e





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。