スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボクシングネタ: 伝説の「ヅラボクサー」タイトルマッチへ! 

八月がもう半分近く終わっていることに気がついて少々茫然自失気味のRayです。こんばんは。^^










俺、7月、8月何かしたか!?




おかしい・・・。


「夏」はいつからこんな素通りするものになった!?

ビアガーデン行ってないし、海行ってないし、花火見てないし、浴衣着てないし・・・



仕事してトレーニングして呑んで仕事してトレーニングして呑んで仕事してトレーニングして・・・・



・・・って、






アカンっ! 



俺、多分あっという間に死ぬ。






臨終の際、「アレっ!? 人生ってこんなに短かったっけ!?」


って、言いかねんぞ・・。汗


毎日、「生きてる」ことをもっと実感せなアカン!

「生きてる」ことを実感できるものとは何だ!?



格闘技、戦いだ! そして酒だっ!


人生は戦いと酒で出来ている。





・・・と、何も変わらないわけですが。^^; 



格闘技をロックと酒で割って、ダイビングで味を整えたら俺の人生いっちょ上がりっ!

簡単で良い。



しかし、人生というのは、どこで転換するか、仮に単調な毎日だとしてもわからんもので・・




2005年、




名もない、日本王者にも挑戦したこともない名も無きボクサーが、


一夜にして、




伝説



となった出来事がありました。




彼の名は、




小口雅之




当時27歳。




若干27歳にして、昨今の熱帯雨林の現象より深刻な髪となってしまった彼は、

密かに引退を考えた試合で、写真写りを気にする余り、




カツラ装着で試合に挑んだ





わけですが、





当然と言えば当然、





試合中にズレる。






パンチを受けるたびに舞い上がるヅラ、


頭振ってディフェンスするたびに舞い上がるヅラ、




終いには、インターバル中にヅラを外して、突撃!




結果、見事TKO勝ち。笑





この一戦で一夜にして、




伝説のボクサー




と、なった彼は、


日本ボクシング協会からも、


「悪意はなかった」



と、特例で許されましたが、



まず、副業禁止だったため、仕事を失う。


しかし、カツラメーカー、毛髪剤メーカーがスポンサーに付き、


ボクシングに専念出来る環境に。



ヅラに負けた対戦相手との再戦も制し、


引き分け挟んで9連勝。



美人ナ彼女も出来、取れたヅラのお陰でばら色の人生かと思いきや、


昨年、重要なところで敗戦。


彼女とも破局。



しかし、今年、再起戦でTKO勝利。




そして遂に、



来る10月10日、



日本スーパー・フェザー級タイトルマッチ




王者


三浦隆司



VS




挑戦者





小口雅之







ヅラが取れてから、足掛け4年、


27歳にして髪もなくなり、ボクシングも止めようと思っていた男が、


ヅラが外れたが上に運命が変わり、



そして遂にタイトルマッチへ!




まさにそのハゲしい人生の集大成!




心から勝利を願います。



スポンサーサイト

[2009/08/13 22:03] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/529-2c5fd42d





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。