スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

音楽ネタ: SummerSonicの思ひ出 Vol1 

今週はどうにもこうにも体調悪くてまいっちんぐのRayです。こんばんは。^^


朝夕はだいぶ涼しくなったとは言え、昼間はまだまだ暑いので、炎天下での運動は気をつけないといけませんね。^^;

トレーニングは計画的に☆



さて、自分にとっての夏の風物詩、

Summer Sonic から早2週間経つ訳ですが、


思えば、2003、2004、2005、2006、2007、2008、そして2009年の参加し、数々の名場面に色々出会い、

複数ステージであるが故に、アーティストが被る!という悲劇の中、「参加したのに見ることの出来なかった名場面」も含め、

Summer Sonicを振り返る、という、個人的趣味の押し付け以外何でもない企画。

パッと振り返るだけでも、本当に数多くのアーティスト達が出演したイベントで、

紹介することで音楽の趣味広げるきっかけに少しでも役立てば幸いです。^^



で、

最初に紹介するのは、


2003年


Radiohead


Creep




ここからサマソニの名が世界に知られるようになった、とも言える、サマソニ史上屈指の名場面。

トリを勤めたRadioheadが、久しく歌っていなかった、名曲、「Creep」を披露した記念すべき瞬間です。


このCreepという曲、とにかく詩が良い!

簡単に言えば、


好きな女の子いるけど、「どうせ俺キモいし・・ダマ人間だし・・うじうじうじうじうじうじうじ・・・」


ってだけの曲なんですが、


自分も十代の頃というと、



非モテ街道一直線



だっただけに、この曲は衝撃的でしたねぇ・・。英語の曲でもモロに感情移入したのは初めてだったと思います。^^


それでは映像はこちら☆



スポンサーサイト

[2009/08/19 21:22] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/532-29efdf3f





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。