スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私事&スポーツネタ: 第1回 森林浴トレイルランIN本栖湖・精進湖 

今日は階段下りるときロボコップみたいな動きになってしまったRayです。こんばんは。^^


降りでダッシュしたので、普段余り使わない太もも前面が見事に筋肉痛です。

ただ心配してた古傷のある膝及び、腰の痛みは無く、無事に帰ってきました☆



お知らせしたとおり、日曜日は、




第1回 

森林浴トレイルランIN本栖湖・精進湖



という大会で、トレイルランの大会デビューして参りました。^^


膝の負傷もあり、長い距離走れなくなって、かれこれ10年。

地道にトレーニング続けてきて、ようやく走れるようになってきたので、何か新しいことしたいと思ったのが、6月頃で、

とりあえず5キロから始めて、7キロ、10キロ、15キロ、20キロ・・・と着実に走れる距離も増え、前々からやってみたかった、

トレイルランニング、様は山道走るマラソンに参加してみた訳ですが、


結論から言いますと、






本当に楽しかったです☆



コレは新たな趣味開拓したな・・と。

足腰、スタミナ、バランス感覚、ボクシングのトレーニングとしても最高ですし、今後も続けようと思います。^^



当日のレポート書こうと思うんですが、写真はしばしお待ちを!



カメラがただ今、宅配中です。^^;

途中で落としまして。笑





当日は普段寝る時間でもおかしくない、5時起床。

始発電車で、トロトロと、高尾→大月→河口湖とオニギリほお張りながら延べ2時間。


河口湖駅からはシャトルバスで、一路スタート&ゴール会場の精進小学校へ。


小学校到着後、ふと思った。




寒っ!!




気温10℃くらいしかねーし・・。

そして持ってきた衣類はノースリーブときた。^^;


仕方ないので、ギリギリまで着替えるの待って、着替えてからも上着羽織ったまま、柔軟とフォーミングアップ。

そしてピンでゼッケンをつけるといよいよ本番に向けて気持ちが高まる・・。


走るって行為は人生のうちで何度も行いましたが、

「走る大会」は高校のマラソン大会依頼だ。^^;



十分に体温めて、スタート地点に移動したところで社長と合流。

奥さんと息子さん×2のお見送り付き。


スタート直前まで子供とじゃれてる姿が何かムカつきます微笑ましいです。^^


「今日は流すから抜いていいぞ~」と勝手なことを言う。^^;


そうこうしている間に、スタート!


すぐに林道に入り、軽快に走る。

木々から木漏れ日がきらきらして、気持ち良い♪


が、程なく、登り・・

・・と、言うより、「登山」?


先頭集団以外飛ばせなかったようで、トレイルランからハイキングへ様変わり。


「走りたいけど無理だな。こりゃ・・」と社長と軽口叩いておりましたが、登り始めて20分もすると、汗が噴出し、腰にくる・・。

良く考えたら、走らなくても、急ぐペースで山を登る・・・って、ハイキングとかではありえませんもんね。

もう少し余裕あるかと思いきや、結構体力を消耗・・^^;

社長とも若干距離が開く。


景色を見る余裕はありましたが、眼下に広がる本栖湖と、快晴の空に映える富士山が素晴らしい☆


40分ほど上り続けて、今回のコースの最高地点、烏帽子山、約1100Mに到達。


富士山の写真撮ったら、一気に降る。



そしてこの降りこそが最高の楽しい♪



止まろうとすると却って膝痛めるぞ、と教わっていたので、

前傾姿勢にして一気に降る。


猛スピードで山道下る爽快感と言ったら、もう・・・




アドレナリン出まくりです☆



コケたらエライことになりそうなスリルがまた良い。^^


しかし、ベテランの人たちは信じられないスピードで降ってる・・。全然ブレーキ掛けてないように見えるんですが、何故に滑落しない??


15分ばかり、一気に降ると、一端歩道に出て、最初の給水ポイント。

そして緩やかに登るのですが、




太ももが重い・・・汗



降りを10分以上走り続けるなんて普段の練習では出来ないので、経験したことのない疲労感が、太ももの前面に・・。

そして降りが終わり、歩道に出たらアドレナリンが切れたのか、一気に疲労感が押し寄せる・・。


しばらく歩道を走ったら、再びトレイル。両側は青木ヶ原樹海原生林で、青木ヶ原名物のごつごつした溶岩だらけの林道を走り抜ける・・・


・・・が、なだらかな登りが続き、キツイ・・・。


ペース間違えたのでは・・?という思いが浮かび、ネガティブ思考にとらわれ始めて、がくんとペース落ちる・・。


中間、10キロ地点くらいが一番キツかったです・・。


ぶっちゃけ、帰りたくなりましたが、20キロのコースの10キロ地点で帰りたくなっても余り良いオチがなさそうなので、とりあえず走る。走る。


疲れてくると1キロ程のはずのリュックすら重く感じますし、トレランシューズが突然重くなった気が・・。


12キロ地点で、2度目の給水ポイント。(ココで華麗にカメラを落とし、あとで拾ってもらいました。^^;)


水飲んで、アミノバイタルチャージして、再び発進。


また登りになるが、この辺りで疲労が心地よさに変わってきて、またペースが戻る。


そしてコース上で鹿と遭遇。

ゴールしたあと、鹿肉カレーが振舞われるらしいですが、彼は生き延びたようで何よりです。


残り5キロの表示が見えると、徐々に周りのペースが速くなり始め、つられて少しつづペースを上げる。

時計を見れば目標の2時間半は十分に狙える時間で、果然とやる気が出る。


この頃になると疲労が、むしろポジティブな感覚に変わり、林道の景色に日が差し込み、綺麗な風景画広がる度に自然と笑みが・・。

来てよかった・・と早くも思い始め・・。笑


残り3キロ切った辺りで2時間20分が狙えることに気がついて、もう一度ペースアップ。


この辺りだと、ランナーそれぞれ自分が目標としているタイムがあるのか、皆必死。

疲れのせいか、悪路に足を取られて転倒するランナーも何人か。



程なく、林道を抜け、精進湖民宿村の歩道へ。ゴールまであと僅か!

この時点で2時間18分。


このゴールまでの少しの道のり、大会関係者や観光関係者など地元の人が集まって声援を送ってくれるのですが、

この声援が本当に嬉しい。


トップの声掛けるなら分かるんですが、真ん中辺り走ってる自分らにも声援をくれるのは、飛行困憊の体と心にこの上なく嬉しいです。徳光さんなら泣いてます。


ゴールの小学校入り口のところで社長が立ってて、思い切りハイタッチ!


そのままラスト10数メートルダッシュしてゴール!


タイムは2時間20分28秒。147位(500人参加)だそうです。



目標の2時間半は見事に切れました。^^


思えば、走り始めた時は、10キロでひぃ~ひぃ~騒いでましたし、

最初に20キロ走った時は、普通の道で2時間20分だった。

そう考えると、デビュー戦としては上々だったと思います。^^


何より、

山の中を駆け抜けることがこんなに楽しいってのは、

正直嬉しい誤算


もっと大変なだけかと思っていましたが、帰りの電車の中、ベットの中、今日の仕事中、

何度も何度も、全力降った時の風景、木々から太陽の光が差し込む林道の風景を回想しました。^^



レース後は、社長の車で河口湖駅まで送ってもらい、昼飯食べて、タクシーの運ちゃんに「お勧めの近場の日帰り温泉まで!」と頼んで、

「刺青が入っている方のご入浴はご遠慮ください」の看板を遠慮せずに進入し、のんびり温泉タイム♪


そして帰りの足がなく、駅まで30分掛けて歩いて帰り、大変疲労が蓄積された温泉になりましたとさ、というのがオチ。

お後が宜しいようで。
スポンサーサイト

[2009/10/19 23:06] 未分類 | TB(0) | CM(2)

初トレイルランを無事に終えることができ、目標タイムを切ることができて何よりです。予想していたよりも楽しい経験だったようですね。お疲れ様でした。ちなみに社長のタイムと感想はどうでしたか。
[2009/10/20 18:22] ガチャピン [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>ガチャピンさん
コメントありがとうございます! 本当に楽しい経験で、挑戦して大正解でした。^^
社長は15分くらい前にゴールしていたようで、相当流してましたね。^^;
僕がゴールしたあともお子さん抱えて走り回ってましたし、元気一杯でしたよ。笑
あの人が恐ろしいのは、同じくらいのペースで、50キロ、100キロと走れるんですよね。^^;
[2009/10/20 23:36] Ray [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/555-e0e590ea





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。