スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私事: 11月23日 第1回東丹沢トレイルレース 

膝はもとよりケツから背中から肩まで全身痛い痛いのRayさんです。こんばんは。^^;



こうなったのも、今シーズンのトレイルランの集大成として挑んだ、



東丹沢トレイルレース



のお陰でございます。


思えば、「走ること」を本格的な昇格させて、たまたまTarzanでトレイルランニング特集を読み

「よし!コレを趣味にしよう♪」

と、思ったのが6月。

元々アウトドアは好きだし、ボクシング&格闘技が趣味であるため、走ることなら何とかなるでしょう、とごくごく簡単に考え、取りあえず週末走ってみたものの、




10km持たずギブアップ。





正直、参りましたね。^^;


3分間ぶっ通しでサンドバッグ打ちとか出来るのに、10k走り続けられんとは・・。単純にショック・・。

考えを改め、地道に6~7キロから始め、

10キロ、12キロ、15キロと夏のクソ暑い中距離を伸ばし、

10月に最初のトレイルランを控え、9月に入ってから、最初のトレラン大会の距離、20キロをGoogle Mapで調べ、出来るだけアップダウン多い道順を設定。

して、走る。



が、



2時間半掛かった。^^;




そこで、膝が悪いため、余り週に何度も走れないので、ステップマシーンを購入(ヤフオクで2000円)して、普段から足を動かす癖を作り、

徐々にタイム上げて、最初の大会までに2時間切れるようになり、

10月18日に精進湖の周り巡る大会で、その楽しさに触れると、

20kのタイムが、徐々に早くなり、1時間40分ほどに。^^


着実に成果を上げて挑んだ今月八日の陣馬山トレイルレースでは、後半大失速の洗礼を受け、トレランの厳しさにも、面白みを感じ始めたところで、

半年の集大成で挑んだのが、この東丹沢トレイルレースと、なった訳です。


走り始めて半年の初心者にはかなりキツイ、


距離:33キロ

高低差:1116メートル



というコース設定。


高低差600メートルの陣馬山で相当体力消耗し、厳しさ知ったあとだったので、

プラス500メートルの高低差、10キロの距離にかな~りナーバスになり、緊張のまま当日朝を迎えたのでした・・。
(文中の写真はクリックすると大きくなります。^^)



橋本駅からシャトルバスに乗って一路、丹沢は宮ヶ瀬湖畔園地へ。


7:15分頃到着で、はやる気持ちを抑え、まずタバコ一服(←吸うなよ)、そしてストレッチ。

前日出なくて焦ったう○こも済ませ、軽く園地の周りをグルグル走りウォームアップ。


そして今回も同じ大会に出ることになった社長と合流。


社長の友人、社長、自分


IMG_1069.jpg



午前8時、スタート!



が、開始早々、脛が張って違和感ありまくりだったので、ペースを落とす。

取り合えず落ち着いて、ストレッチして、ゆっくり目に走る。

紅葉が綺麗だったので写真撮ったり・・・



IMG_1071.jpg


湖に映えた紅葉が綺麗でした☆

IMG_1072.jpg


しばらくしたら、足が落ち着いたので、いつもペースで走る。

前半は、ずっとアスファルトの林道。ゆっくり上りつつ、早戸川沿いを10.8キロ地点まで登る。


10.8キロ地点で最初のチェックポイント


IMG_1073.jpg


まだ皆余裕の表情です。

この時点で1時間7分。


そして雨で増水した川を飛び越え、

IMG_1074.jpg



そしてここからが難所。


約6キロ間で一気に800メートルほど登り、標高1400m地点まで登りのみ。


細い登山道を連なって、出来るだけペースを乱さないように、登る登る登る登る登る登る登る・・・・







終わらなねぇ・・・




登っても登っても坂しかない・・。

周りを見ても下を向いて黙々と登る人ばかり。

足元が前日の雨で危ないということもあるが、上を見ると確かに気持ちが萎える。


徐々に腰からお尻にかけてが痛くなり、意思を持って足を上げないと同じペースで進めなくなる・・。


そして約90分登り続け、待ちに待った最高地点!


が、余り景色は良くなかった。笑



IMG_1075.jpg


後ろでは淡々とランナーが走ってます。



IMG_1076.jpg



そしてここからはある意味、登り以上の地獄、



下り。



トレランの楽しみは、下りを前傾姿勢で一気に飛ぶように突っ走ることなのですが、

この時点で膝が痛み出してた上に、道が狭い、階段が多い、前日の雨で滑りやすいの4重苦。^^;


狭いと滑りやすいは何とかなるものの、



ムカつくくらい階段が多いっ!



滑らないように気をつけつつも、急ごうと階段下りると、

滑らんように、足を突っ張ったまま下ってしまう悪循環。^^;


徐々に古傷の左膝が悲鳴を上げ始め、違和感から痛みへの変わり、下り始めて30分ほどで、一夫下ると、「ズキっ!」と響く。

ドMのRayさんもコレはキツイ・・。


足引き釣りながらもようやく、20・8キロ地点の第二チェックポイントへ到着。

この10キロは2時間以上掛かった・・が、最大の難所は越えた。

第二チェックポイント


IMG_1077.jpg


後は、ゴールまで13キロ弱、ひたすら林道を下るだけ!



下る・・・。




下る・・・・。




アスファルトの上を下る・・・。汗




いや~な予感がひしひしとしましたが、膝のサポーターをキツめに締めなおして、いざスタート。


2~3キロは快調に飛ばす♪



脳内麻薬が前回☆


ランナーズ・ハイですな♪っと、コレはしめたとばかりに飛ばすが、ちょっとした登りが出てきた時点で、





あっさり薬中解除。




ほんの僅かな登りに体が異様なほど重く感じる・・。


足を動かそうとする意識とは別に足が動かん。


登りが終わって下りになり、安心して走り出そうとすると、忘れてた激痛が膝に。


意外とアップダウンが多く、


登りでふらふら、下りで痛い痛い・・・


登ってよろよろ、下ってイタタタタ・・・


登ってへとへと、下ってアウゥゥゥッチ!!









何で金払ってこんな目に遭うねん!?




と、良く分からない怒りが込み上げつつも、


座り込んだら挫けることは分かっていたので、よたよた走る・・。


この13キロは本当に長かった・・・



そして12時20分過ぎ、スタートから4時間20分経過の辺りでゴールの宮ヶ瀬湖畔園地が見えてきた!


歩いてゴールはかっこ悪いので最後の力を振り絞って走る!


そして、念願の、


1.jpg







ゴォォォォォル!!

(社長撮影)

2.jpg



記録、4時間36分で無事完走!


535人中339位という全然大したことない順位でしたが、

自分にとっては大きな軌跡だった・・・。

トレラン歴半年未満&大会3回以内の部
ってのがあったら健闘してたんちゃうか?笑


トレラン歴どころか、正確には「ランニング歴」が半年だな。^^;

ボクシングで鍛えた貯金はあったとはいえ、自分で言うのも何だが、

まぁ良くやったと思う。自分。


何と言うか、決して特別若いわけではない肉体、

自分のわがままに付いて来てくれた自分の体に感謝です。良く頑張った。


またしっかり鍛えて、来年はもっと多くのレース、もっと過酷なレース、そしてもっと良い記録を目指したいと思います!


ゴール後



IMG_1078.jpg
スポンサーサイト

[2009/11/24 22:20] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/568-37cf4f9f





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。