スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

音楽ネタと映画ネタ:SpiritualizedとEternal Sunshine 

今日コンビニで外人さん3人組(東欧系?)に道を聞かれ颯爽と英語で対応したら肝心な道が分からなくてコンビニの店員さんに教えてもらう羽目になったRayです。こんばんは。^^



前もあったぞ。このパターン。^^;


英語分かっても、道は分かりません。方向音痴です。



俺:「そこ右に曲がって真っ直ぐ進むと青山通りにぶつかるから・・・」


外人s:「(地図見ながら)その通りは六本木通りじゃないですか??」

俺:「・・・・。^^;」

外人s:「・・・。(--;)」

俺:「店員さ~ん!」



です。



久しぶりに音楽ネタ兼映画ネタなんか書いちゃうよ! いいかな~!?


昨夜、いつも通りの晩酌のお時間、

少々奮発して、拙者の大好きなウィスキー、「白州12年」を嗜もうと・・。


良いウィスキーには、良い音楽。

これ、常識。



と、ばかりに選んだのは、このブログでも2~3度紹介した、


Ladies and Gentlemen We are Floating in Space


by

Spiritualized



曲のリズム、コーラス、歌詞、どれを取っても、Spiritualized屈指の名作にして、音楽史にその名を残すことは間違いない曲だと思っておりますが、

何かを回想するには特に素晴らしい曲。

目を閉じると、何故か色々な光景が浮かんできます。


そんな曲なので、ファンは良く映画のシーンと併せた作品(と言っていいのか知らんけど)を良く作ってまして、

youtubeにも良くアップされているのですが、


昨日見つけた、映画、


エターナル・サンシャイン


のシーンと併せた映像&音楽が余りにも出来が良かったので、ご紹介♪



大好きな音楽と大好きな映画、この組み合わせって本当に素晴らしいですね。^^


基本的にラブストーリーって全然見ないんです。

映画館で見れば寝るし、DVDで見ると飽きて途中でエロビにしますし。


が、

Eternal Sushine は、何故か見てしまい、そして何故かハマってしまった・・。^^;


元々、ジム・キャリーが、とりわけ、コメディー以外のジム・キャリーの演技が非常に気に入って、その延長で見たのが最初かな?


ちなみに「マルコビッチの穴」、「アダプテーション」の脚本家が手がけ、2004年度、アカデミー賞脚本賞を受賞した作品。


主演は、表情変えなければイケ面のジム・キャリーと、タイタニックでお馴染みのケイト・ウィスレット。


冴えない&面白み無い男をジム・キャリーが演じ、

ハッチャケた女性演じたのがケイト、って対比がまた良かった。^^


ストーリーは、有名ですが、


いわゆる、



記憶喪失もの




自分が非常に嫌いなパターン。爆



が、コレは、自ら進んで記憶を消す話。


まとめると、

些細なことから喧嘩別れしてしまったジョエルとクレメンタイン。
仲直りしようとしていた矢先、ジョエルは彼女が自分との記憶を専門病院で消し去ったことを知る。
ショックから、ジョエルも同様に彼女との思い出を除去しようとするのだが・・・。
別れた現在から幸せでいっぱいだった出会いの頃へと逆回転に記憶を辿るうちに、 彼女への真摯な気持ちを次第に取り戻していくジョエル。

http://www.motehimote.com/entame/movie/em01/em01_001.html

というもので、

まぁあり得ない話なのですが、

「あり得ない」系のストーリーを真面目に演じさせると、抜群の才能発揮するのが、ジム・キャリー。 

「トゥルーマン・ショー」も彼ではなければ駄作です。



ちなみにこの映画、もうひとつ特徴がありまして、



時系列逆転もの


です。


話が過去に戻っていくパターン。


そして記憶が失われていく過程、どう映像化していくのかと思いましたが、なかなか良い!


「失恋の記憶だけ消せたらね・・」


なんて誰でも考えることなのかも知れませんが、実際に物語にして、映像化したというのは評価したいですし、良い映画だと思います。^^


恋愛もの嫌いですが、失恋に関しては日本屈指の才能を誇る私のハートに見事に突き刺さり、珍しくラブストーリーで感動した作品。




って、前置きが目茶苦茶長くなりましたが、



音楽を聴こうとしたら、予想外のところでこの映画のシーンに出会ったので、驚くと共に非常に感動したんですよ!


そんな訳で、

Spiritualized-Ladies and Gentlemen We are Floating in Space

をバックに、

Eternal Sunshine のシーン


どちらもオススメです。^^







スポンサーサイト

[2010/03/02 22:08] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/607-93d05004





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。