スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボクシングネタ: 同じ「亀」でもこっちの「亀」はもっと凄い!! 

うまい具合にレポートの波が空いたので今日は有給使ったRayです。こんばんは。^^



いやぁ~平日に朝寝して、ごろごろして読書してると、

優越感に浸れます。笑



最近は、休日出勤も多かったし、休みの日も何だかんだ仕事してたり、トレーニングメニューぎっしりだったりと、全然「休」んではいなかったので、英気養ういい機会でした。^^

30代になると、スポーツ続けていくには、「集中して休む」ってのも、重要な「練習」になっていきますからね。^^


ぐだぐだしながら、ネットで色々ボクシングの動画とか見てましたが、

今週の月曜日にあった、日本スーパーライト級のタイトルマッチ、


自分が日本人ボクサーの中では最も注目する選手の、



亀海喜寛選手



の試合がありました☆



ボクシングで「亀」とくれば、某3兄弟が有名ですが、

僕がボクシングの面白さを伝えるのに、紹介したいのは、こちらの亀海選手。


まだ世界タイトルはおろか、日本や東洋のベルトを巻いたこともないので、一般的な知名度は無いのですが、

日本屈指の実力者です☆


現在まで、14戦14勝12KOの戦績で、

KO率の高さは見ての通りですが、


非常にディフェンスの巧い


選手で、世界で生き残る条件の揃った選手です。^^


良くボクシングを教える時、重要なのは「攻撃3割、防御7割」が口癖。


当たり前なのですが、パンチをもらわないければ、自分の思い通りに試合コントロールできますし、

マイク・タイソン育てたトレーナー、カス・ダマト曰く、

「究極のボクシングは、相手のパンチの届かない場所からパンチを打つこと」

とありますが、

この言葉が実行出来るボクサーとして10戦目辺りから非常に注目しており、今回、満を期して、初の日本タイトル


対戦相手は、

小野寺洋介山選手。(オサムジムの選手は洋介山の名前襲名するみたい)


14度防衛、世界挑戦の経験もある木村登勇選手を倒して、日本王者になり、世界ランク入りもしている、こちらも日本屈指の実力者。


亀海選手の現在の実力見る上では最高の相手。^^


注目の試合ですが、まずは試合を見ていただきたいです。


















はっきり言って、





強い!!




4度ダウン奪う猛攻で、亀海選手、圧勝と言って良い内容で勝利☆


ここまで実力差があるとは正直思いませんでした・・。


今回もディフェンス能力の高さは、如何なく発揮。


離れた距離はきっちりパンチをブロックし、本来相手の土俵である、接近戦では、ブロックせずにかわすかわす・・・^^;

特に肩を使ったディフェンスや、パンチを首の捻りだけでかわすスッリプアフェーを接近戦で完璧に使いこなす選手は彼ぐらい。


攻撃は、非常に早いジャブで崩して、ストレート。

真ん中に意識が集まったら、すかさずボディ。

頭下がったところでアッパーというパターンが何通りも、それも素晴らしいハンドスピードで繰り出され、小野寺選手は成すすべなし・・。


中盤の挑発は正直いらんかったと思いますし、ふらふらになっている相手を挑発して滅多打ちにするのはどうかとは思いますが、まぁ世界と戦うには時に冷酷さ、残虐さも必要、と考えれば仕方ないかも・・。


どちらかと言えば、審判、そして小野寺選手のセコンドが止めるのが遅い。

あれだけ実力差が明白になり、打たれ続けている場合、選手を助けることを優先して欲しかったです。





何かとボクシング以外での話題ばかり先行する亀より、自分はこちらの亀を推したい!


この階級、世界には他の階級に比べても、層が厚く、名チャンピオン揃いなので、正直亀海選手の実力でも相当厳しいと思いますが、食らいつくことは十分に可能だと思ってます。

じっくり挑戦してもらいたいです。^^



亀海喜寛選手、



要注目です!
スポンサーサイト

[2010/04/14 21:50] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/635-5e883c6c





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。