スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

音楽ネタ: スコットランドが生み出すものはウィスキーだけにあらず。 

普段なら2~3週間で終わるはずの繁忙期が終わらずに次の突入してちと戸惑い気味のRayです。こんばんは。^^



仕事の依頼が来るってのは本当に素晴らしいことですが、きっちり週5~6日のトレーニングも、個人的な勉強もしている訳で、時間が・・・。^^;

レポート業務以外やってる暇もないし・・。


が、先日、

無理ばっかり言うくせに、全然フィードバックもよこさない某強欲金融機関の担当様から連絡があり、自分の書いたレポートについて、

「リサーチャーに変わってくれ」とのことで、「?」と思って変わってみれば、


「大変素晴らしいレポートで助かった」


と。


まぁ別に、


自慢ではある


んですが、ただ書きたかっただけ。


時間が無いと音楽聴いてる暇もないのですが、寝る前、

ウィスキー&音楽タイムは、多少睡眠時間削っても作ってます。←間違ってます


今回も

Summer Sonic出演組の紹介。


もう何度も書いている通り、

シングルモルトウィスキーが大好きな私ですが、

スコットランドで生まれたウィスキー呑みつつ、スコットランド出身のバンドの曲聞くってのもいいじゃない!

で、今回紹介するのは、




Biffy Clyro



ビッフィ・クライロです。

ドラム&ベースの、ベン&ジェームス・ジョンストン兄弟と、ギターのサイモン・ニールの3ピースバンド。

2000年ごろから、インディーで活動始め、

2007年発表のアルバム、「Puzzle」でブレイクを果たしたバンド。


ロック、オルタナティブ・パンク、メタルとか色々言われますが、

個人的にはヘビーメタルではないけど、ミドルメタル? みたいなポジションだと思いますが、


ロックでええじゃねぇか!

と、単純に考えています。


ジャンルがまとまり難いのは、基本的に力強くはっきりした、ベース&ドラムにガツンっ!と響くギターと表現できるメロディーベースに、

パンクに近いテンポから、メタル、バラード調まで、良い意味で曲調に飽きがこない。


癖のあるキャラで、もっと効きにくそうな雰囲気かもし出してますが、

バラード調の曲から入ると非常に聴き易い。

が、メタル調の曲はガツンと響く・・・

と、ウィスキーと同じく、まろやか、すっきり、どっしり、ピリッ!と様々な「味わい」を体感できるバンドで、非常に好きなバンドのひとつです。

前回サマソニに来たときは他と被って見れなかったので、今年は是非ライブをみたい!



ニューアルバムからシングルカット




一番好きな曲




ライブ

スポンサーサイト

[2010/04/21 21:58] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/640-5ca275c0





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。