スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私事: GWパラオ旅行記 Vol4 この旅のハイライト! ぺリリュー島DEお魚祭り☆ 

今朝は月曜の朝から人身事故で電車遅れる&激込みと最悪の一週間のスタート切りましたRayです。こんばんは。^^;


テンション下がりますや↓


またいつもの習慣でジャケット羽織って家出たら駅に着いた時点でめちゃめちゃ暑いし。

シャツがダーク系の色だったし、最近日焼けしてちょっと色黒くなったから一段と「そっち系」の方の外見になってたし。^^;


ダーク系のジャケット&シャツ前空け&サングラスだと大概の人には絡まれない自信ありです。^^

むしろ絡んできたら全力で逃げる。プロかプロのスカウトだ。






さて、旅行記は今回のハイライト、





ぺリリュー島遠征でございますっ!




ぺリリュー島とは、第二次世界大戦の際には激戦区となった、パラオ群島南端に位置する島。


自分が宿泊した、行政などの中心、コロール島からボートで2時間弱。

パラオの中でも田舎の島なので、本当に何もないところですが、その分、ダイバーを魅了するスポットが目白押し☆

どのポイントもすぐに外洋にぶち当たるため、パラオの豊かな海にさらにダイナミックさが加わるスポットが多数。


が、流れる時は、マスクが吹き飛ばされるような「激流」になることから、100本以上の経験があるのが望ましいとのこと。


普段は遠征しないのですが、今回、経験100本以上あるいつ死しんでも余り問題ないひとりもの男が5人揃ったので、ひとり30ドルプラスして遠征することに♪


行けるとは思っていなかったのでテンション上がる☆


朝6時にしゃきーーーん!!と目が覚めた。笑



7時過ぎ出発して、雨の中突っ切る羽目になりましたが、徐々に天候も回復し、ぺリリュー島到着時には晴れ☆


今回お世話になったマーメルダイバーズはコロール島&ぺリリュー島に両方ショップを構えているので、ぺリリュー滞在客が降りて、いざダイビングスタート!!



で、



ここで更に思いがけない話!






イレズミフエダイが集まっている!?





イレズミフエダイってなんぞや?

という話ですが、普段は深海に単独で住む魚で、その詳しい生態は殆ど分かっていないのですが、

春先、3~5月頃、産卵のためこのぺリリュー近辺に大集結し、巨大な群れを作ることで、ぺリリュー島が一躍世界中のダイバーの間で有名になったのですが、


通常、群れは新月に合わせて現れる、と聞いており、今回は新月から1週間ほどずれていたので、ぺリリュー行けると聞いたあとも、まさか見れるとは思っていなかったのですが、

5月はもっとも大きな群れとなるため、既に集結している!とのこと。



コレは行くしかない!!




と、意気揚々といざ、ぺリリュー島のスポット、イエローウォールへ!



飛び込むと圧倒されるのがその蒼さ


同じパラオ中でも更に蒼く、透明度も高い。


ちょっとは伝わるでしょうか?








そして壁際に近づくと、


ん?壁が揺れてる?動いてる??



もちろん違う!魚だ!イレズミフエダイだ!!




念願のイレズミフエダイについの遭遇!













カメラに全然収まりきらない群れで、この時既に2000~3000


新月には、何千何万の群れになるというから凄い。


沢山い過ぎて現実感ないですが、普段は世界のどこ潜ったって、一匹も見れない魚です。数百メートル潜らん限り・・。


う~む。。。地球の神秘。


ちなみに近づくとこんな感じ。



IMG_1777.jpg


確かにイレズミっぽいもようです。^^



一本目潜った時点で一旦ぺリリュー島に戻る。


ここで前回散々お世話になったガイド、フィリピーナのバーナードと再開☆

IMG_1796.jpg



二本目は、ぺリリューコーナーというポイント。


2日目に潜った、ブルーコーナーと似た感じですが、

さらに魚影が濃い!


なんと数えただけで1ダイブで40尾サメ見た!

と、書くとサメが安全な生物だと分かって頂けるかと・・。

40尾全部人襲うならとっくに皆ばらばらになってます。^^;



そしてこのスポットでも最後に素晴らしい出会いが!


ロウニンアジというドデカイアジがパラオでは頻繁に見られるんですが、

名前の通り単独行動で、サメよりよっぽど獰猛。

小魚の群れ目掛けて物凄い勢いで突進しますし、マレーシアで潜った時には勢い余って一緒に潜った男の股間に激突して悶絶させてました。爆


大きいと1~1・5mくらいになるアジ。


で、このぺリリューコーナーには、


ロウニンアジの大群


が出る。



と聞いてはいたのですが、


見るまではいささか信じられん・・。


と、思っていたら最後に、




出たあぁあぁあぁあぁ!!!



ホントに群れとりますがな!






これはビックリ・・・。




興奮冷めやらぬ中、昼食済ませて、最後はぺリリュードロップオフというポイントでゆっくり流す。


ここはさほど流れもなく、透明度高く絶好の撮影ポイントだったので色々撮ってみた☆


グレイリーフシャークのシルエット

IMG_1803.jpg


クリーニング中のベラ

IMG_1813.jpg


風景

IMG_1835.jpg



気がつけば大接近のグレイリーフシャーク☆

IMG_1836.jpg


最後にちらっと見えたマダラトビエイ

IMG_1850.jpg



と、ぺリリュー島周りのスポットを満喫し、岐路に着きました。


素晴らしすぎて余り文章にしたくないくらい素晴らしい海でした・・。




この日は夜は美味しいと評判のインド料理。


タンドリーチキンめちゃ旨かった!


ハイ、チーズ。


IMG_1852.jpg




そして例によって9時就寝しましたとさ。笑

スポンサーサイト

[2010/05/17 22:01] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/652-ccab553b





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。