スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

思い出の街、ニューオーリンズ。 

今日田町にあるジムに行こうと重い荷物引きずり雨の中気合入れて参上したら月に一度の休館日だったRayです。こんばんは。^^;





相変わらず気合はからからからからからからから空回りしてます。^^;




まぁ友達からは、


「空回りしてこそRayだ!」




と言われたので、周りから見れば絶好調に見えてるんでしょうか?^^;









冬の檄太りからのダイエットは大方成功したので、今回のテーマはずばり増量。



パワー負けしない体作り。




ってか最も苦手なテーマ・・・。^^;






脂肪で増量!



だったらすぐなんですけどネェ。笑





とりあえず、スピード落さずに今の61~2キロを65~6キロに上げてみようかと・・・。



ウェイトと自重トレ、そしてボクササイズをミックスしたオリジナル方法でトレーニングしようと思い、早速今日行ったんですが、


相変わらずスタートダッシュ失敗! は特技なようで・・・。^^;







授業の方は、 ジョン・ロックの「市民政府論」を英語で読まされ、さっきまで読んでましたがイライラして壁に投げつけました。 万事順調です。^^ 爆










さて、昨日は一部地域では大雨で大変だったようですね・・。



我が家のある地域の少し手前までの豪雨だったので、実感はあまりなかったんですが、兄貴の住んでる方は大変だったようで・・・。




そしてやたらと大きな台風が来てますね・・。




最近、地震といい、改めて 「災害大国JAPAN」 を印象付けられます。




台風、ハリケーンといえば、アメリカ南部、とりわけルイジアナ州ニューオーリンズに多大な被害をもたらしたカトリーヌ。



一説には死者行方不明者が数千人とも言われ、日本の阪神大震災に近い被害をもたらしたかも知れない、未曾有の大災害となっているようです。




ルイジアナ州、ニューオーリンズと言えば、 Jazzの発祥の地としても知られ、フランス文化と黒人文化の融合したケイジャン文化でも知られる、南部の文化の中心地。



当然観光産業は盛んで、僕も二度訪れています。



ニューオーリンズで人々を魅了するのは、 古い町並みのRoyal Street と Jazz、今はBlues、R&B、ロックなどの音楽が溢れる、Bourbon Street をフレンチ・クォーターと呼ばれる一帯。




とりわけ、BourbonStの、 酒を片手にJazzを聞き、飽きればまた違うバーからバーへとはしご出来る通りは、僕がアメリカで最も好きな観光地のひとつでした。


なんというか、アメリカの「自由」が満喫できる空間でしたし・・・。




しかしこのフレンチ・クォーター一帯、負の遺産も多く、昔は奴隷貿易の中心地でもありました。


今でも貧困層は多く、上に挙げたふたつのStreet以外はとても夜に出歩ける雰囲気ではありません。


実際、3~4年前、殺害されて発見された日本人もいました。




僕が訪れたときも、ホテルがBourbonStから10分くらい離れたところにあるのですが、 ホテル前の道端に数百人単位の黒人たちがたむろしててかなりビビッタ経験があります。^^;





しかし何故たむろしてたのか?






今回、ハリケーン襲来で、避難勧告より強い、避難命令が出ていたにも関わらず、足がないため避難できず、死亡した多くの人は黒人でした。




何故道端にいたのか。



彼らには移動する車がなかったんですね・・・。 




湯水の如く金落として、酔いながらホテルに戻る、僕ら観光客は彼らにはどう映っていたのか、 今になって考えると複雑です・・




自分のお気に入りの場所というのはどうしてもいい面ばかりが見えてしまうもの・・。



ひとつの物事を見据えるとき、必ず光と影を見なくてはいけないと思いました。






意味のないことかも知れませんが、ひとりでも多くの人が意識を持っていれば、時として大きな力になりえたかも知れません。




今、政府の初期対応の不備が問題となっていますが、 少なくはない、ニューオーリンズを訪れた観光客、僕も含め、随分と前から今回の被害者を見捨てていたのかも知れません。 





多すぎた犠牲を払ったかも知れませんが、今回、明るみに出た大きな大きな負の側面が、今後現状を打開する力となってくれることを願ってやみません・・。





そして、どんな災害にもどんな悲劇的な出来事にも自分たちが出来る、最も簡単なことがあります。




それは関心を持つこと。





遠い外国にいても、ひとりでも多くの人が悲劇に向き合い、関心を持つことは今後復興に向かう全ての原動力の、小さいかもしれませんが、足しになると思っています。









スポンサーサイト

[2005/09/06 03:13] 未分類 | TB(0) | CM(1)

こんにちは~

http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/で紹介されていたので、見に来ちゃいました。YAHOOでBLOOG-RANKINGで検索すれば、出てくると思います(^^)

[2006/02/12 03:14] MISA [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/66-66eeeb73





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。