スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

海ネタ: 海で危険なのはサメでは無い。 

明日のサマソニを前に遠足前の小学生状態のRayです。こんばんは。^^


毎年、

「やれお気に入りのアーティストが少ない」

とか文句はありーの、

それでも発表の度に「おっ?」という面子が増えたり、予習してるなかで新たな良いバンドを発見したりと、何だかんだで当日が楽しみになるもんです。^^


実はライブ自体余り行く方ではなく、Summer Sonicが完全に自分の中での年中になってます☆

今年で8回目♪


まぁ目一杯楽しんで参ります!



自分の三大趣味といえば、


ファイティング(格闘技)、ランニング、ダイビング・・・と改めてみると、やっぱり自分でやるものがすきなんですな。^^;


で、

夏に一番似合いそうなのが、「ダイビング」なんで、

良く、

「アレ? 夏休みはダイビング行かないの?」

と聞かれるんですが、


分かってないな。



通は夏を避けるんですよ。ねぇ?



・・・・。








ゴメン。嘘。







様は金がネェ。





夏はどうしても高いんですや。ダイビング旅行自体が。汗


そんで、冬とかGWに行くんで余計に金がない・・・と。^^;



ダイビングやってると、必ず、サメとか危なくないの?

とか、聞かれますが、まぁダイバーがサメに襲われる確立は交通事故より全然低い

ってか、無い、と言えるレベルですが、




海の中は意外なものが怖い。




まぁ有名なところだと、ウミヘビとかね。


コブラより強い毒を持っており、過去に死者もいます。

が、自分から向かってくることはないので、近づかなければ問題なし。


イモガイという猛毒の針持つ貝もいますが、ダイバーの認知率は高いので、これも近づかなければ無問題。


あと、有名な海のギャング、ウツボ。

これは伝説を作った自分の友達にも、水中で岩に腰掛けた際にケツを噛まれてしばらく取れなくなる、という、


周りからすると面白すぎる絵を作ってくれた人がいますが、

死ぬことはありません。痛いだけ。


で、上の上げた生物とは知名度劣り、尚且つ、非常に見つかり難い生物がいます


昨日の新聞記事を見て驚いた・・。

MSN産経より抜粋です。





オコゼに刺され男性死亡 沖縄、ダイビングの講習中



5日午前8時50分ごろ、沖縄県名護市幸喜の海岸で、同市のダイビングショップ経営の男性(58)がオコゼに刺され、心肺停止状態となったと119番があった。男性は搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。

 沖縄近海には、オニダルマオコゼなど毒を持つオコゼが数種類生息。沖縄県などによると、全国的にもオコゼに刺されて死亡する事故は極めてまれだという。

 名護署の調べでは、男性は自らが開催するスキューバダイビングの講習中、オコゼに左足を刺されたとみられる。男性は「痛い、オコゼに刺された」と叫び、数分後に意識を失い倒れたという。

 沖縄県内では、1983年8月に読谷村の海岸でオニダルマオコゼに刺された男性=当時(31)=が死亡して以来、事故の報告はない





この記事にもある、


オニダルマオコゼ


はホンマに怖いです。


向こうから襲ってくることは無いんですが、とにかく見つかり難い。


写真を見れば一目瞭然。




オニダルマオコゼ



オニダ~2



ダイビングポイントでもヤツラ良くいるポイント潜る時は必ず、潜る前に注意されます。

それでも結構、気がつかないんですよねぇ・・。^^;


自分も気がついて、写真撮ろうとすると、ペアで行動していたもう一匹が足元にいて、物凄い焦ったことがあります。^^;


水中でコレですから、潜る前、水中歩いている時に発見するのは不可能。


そして悪いことに毒を持つ棘が背びれにあり、ダイバーブーツを簡単に突き抜けます。


記事のように死亡することはまずありませんが、






とにかく痛い




ことで有名。


悶絶するような痛みと共に、あっという間に足が倍くらいの大きさになっちゃいます。^^; 



予防できる方法はひとつだけで、

砂地に岩が転がってたら乗らない


コレしか出来ません。^^;



まぁ普通の海水浴でオコゼに刺されることも余りないので神経質になる必要はないんですが、



もし、



沖縄など、南方の海で泳ぐ際、



1種類だけ覚えて頂きたい魚が。







海の生物は、決して自分から襲ってこない。







この常識を、


唯一遠慮なくぶっ壊すヤツ。








ゴマモンバカ・・・じゃなかった。


ゴマモンガラ




バカモ~1



夏場の産卵期、コイツは動くもの全てに噛み付きます。^^;


そして普段は岩を砕いて中の生物食べるので、牙が頑丈。


さらにデカイものは50センチにもなるという、




最高に手に負えないヤツ




海でサメを見て逃げるダイバーはいませんが、



コイツに関しては夏場はみんなUターンします。笑


ちなみに自分も昔ケツ辺りに噛みつかれ、


ウェットスーツ+水着+インナーを突き破りザックリと歯型が。^^;


指噛まれると本当に千切られるので、

全力で蹴りまくって逃げるのが正解。



と、海のトリビアでした☆


スポンサーサイト

[2010/08/06 22:36] 未分類 | TB(0) | CM(2)

こわい。怖すぎる。。。
海の中には気持ち悪いものがいっぱいだぁ!
[2010/08/07 01:44] misaka [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>misakaさん、

いやいや。ごく一部ですから。^^;
特にゴマモンは例外で・・。

圧倒的に危険・残虐・無差別が当てはまる生物は海でも陸でも人間以外にはいませんだ。^^;
[2010/08/09 18:15] Ray  [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/689-ebde560e





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。