スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画ネタ: 今更ながらインセプションを見てきました☆ 

気温下がってあっさり風邪引いて日曜日は寝てるだけだったRay、病弱一直線です。こんばんは。^^;


相変わらず狙った獲物は逃がさんっ!って勢いで風邪引きますなぁ。

夕方になると一気に気温下がりますからね。皆さんも気をつけてください・・。



さて、金曜日はまだ元気だったので仕事後にひとりいそいそと映画館へ。

1人行動万歳。



前々から見たい!!観たい!!と騒いでおりましたが中々行けなかった、




インセプション





「メメント」

以来大ファンのクリストファー・ノーラン監督の最新作にして、レオナルド・ディカプリオと渡辺謙のキャスティングで上映前から話題にはなっておりましたが、

見た友達が皆、良い!と絶賛していたので、終わる前に劇場で・・と、見てきた訳ですが、












良い!!





個人的には近年見た映画では最高の評価です!



ノーラン監督にやられましたね。^^;


まだ映画で作られていない世界、映像があったかと・・。



ストーリーは、

他人の頭の中に侵入しアイデアを盗むプロ集団に属するコブはサイトーという男から極めて難易度の高い“インセプション“を依頼される。それは他人の頭の中に侵入し、アイデアを“植え付ける“というもので・・・


という紹介されておりますが、

夢が一層、二層、三層と異なる階層に別れ、深い階層に進むにつれ時間の進みが遅くなる・・という設定の他、様々な「ルール」が非常に巧く練られており、

荒唐無稽な話が、何となく現実のものっぽく見えてしまうのが、ノーラン監督の真骨頂か?

実際には途中でちと都合よくルールが変わるのですが、余り気にならない程度にごまかされてる。笑


ラストも、ベタな切り方なのですが、

「謎を残して終わる」

という難解なSFモノのお約束をしっかり入れてくれます。^^


きっと映画監督なら、


「自分の都合の良い設定」で好きな映画を好きなように撮りたい!という願望は皆持っていそうですが、現実的にはそんなストーリーは中々あるわけなく・・。


が、

「夢を設計してしまう」という発想で、


「何でもあり!」の状況を見事に作り出してしまう、練られた脚本、

そして実際に映像に仕上げた腕前、

ノーラン監督に脱帽。



キャストも非常に良く、

最近の作品では全然笑わず、ずっと眉間にしわ寄せたままのレオナルド・ディカプリオは、今回も眉間にしわ寄せたまま突っ走ります。


渡辺謙さんは、相変わらずの存在感で、個性派俳優人の中にいても全く浮かず、自分のポジションをキープしています。

そして英語が上手い・・。


まぁバリバリの帰国子女から言わせれば違うんでしょうけど、

とても40過ぎから本格的に勉強し始めた人には見えん・・。


今回の出演陣の中で最も良い味出していたのが、

ディカプリオ演じる、コブの相棒、アーサーを演じた、


ジョゼフ・ゴードン=レヴィット


でしょう。


冷静に淡々仕事をこなしつつも、ミッション・インポシブル的なアクションを1人でやらされる羽目になる役柄を見事に演じてます。

この作品見るまで聞いたことのない俳優だったんですが、

最近だとGIジョーのメインキャストのひとりだったんですね。


プロフィール見ると、1981年生まれの29歳ということなので、同い年だ!

コロンビア大学で歴史や文学を学んでいた、という経歴も納得。

インテリな感じが良く出ています。^^



マニアックなところだと、

「山猫は眠らない」でお馴染みのトム・べレンジャーが出てます!

だいぶ年取ってたので全然気がつかんかった・・^^;

ってか戦争映画以外で始めて見た。笑




個人的に好きだったのは、スタンリー・キューブリックの作品のオマージュがあちらこちらに出てきますね。

2001年宇宙の旅、の影響がちらほら。



がっつり予習してからでも面白いし、

知識無しでも面白い!



久々に出会った秀作でした!

スポンサーサイト

[2010/09/26 21:39] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/708-1e13e7c8





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。