スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スポーツネタ: 敗者の美学に涙する。 

金曜日に呑みすぎて二日酔い気味のまま土曜日に呑みすぎて三日酔い状態になりましたRayです。こんばんは。^^



流石に昨日&本日は休肝日です。はい。^^;


そして相変わらず気候の変化に併せて風邪をひく・・。

そして風邪引いてる暇ないくらい仕事が舞い込む・・。

そして一段と円高進んでどんどん利益減る・・。


なんか巧く回りませんな。世の中。



そんな話は置いておいて、昨日は三日酔いの重い頭を押して、

昼間は、アメリカの総合格闘技、UFC、夜はボクシングの世界タイトルマッチ観戦という自分としてはこの上ない理想の休日の過ごし方であった訳ですが、


昨日の世界戦、


WBA世界バンタム級タイトルマッチ


王者:西岡利晃 

VS

挑戦者:レンドール・ムンロー (英:同級1位)



の一戦。



西岡利晃選手、思えばかれこれ10年以上見ている選手です。


若い頃はいわゆる「天才肌」の選手で正直余り好きではなかった選手です。

スマート過ぎるボクシングはどうも・・^^;


が、エリート街道進んだ西岡選手ですが、当時彼の階級で壁となり立ちはだかった、ウィラポンというタイの名チャンピオンの前に、

4度世界挑戦して全て失敗。

そしてアキレス腱断裂の大怪我も加え、誰もが彼が世界チャンピオンになることはもう無いだろうと思っていましたが、

2008年に30歳を過ぎて遂に世界王者になると、大きな転機は二度目の防衛線。


ランキング1位の指名挑戦者と、敵地メキシコでという最悪の条件の中、対戦相手は競合のジョニー・ゴンザレス選手という選手で、

試合前から、メキシコはもとより、日本でも「負けるだろ・・^^;」ムードがぷんぷんだった中、


何と左ストレート一発で勝利!


その後も防衛を重ね、気がつけば今回が5度目の防衛線。


昔のスマートなだけ・・・といった感じのボクシングスタイルは、元々もセンスに加えて戦うたびに引き出しも増え、何より34歳になるのにスタミナ・スピードが落ちない。

ボクシング経験がある人は特に、年齢とともにスピード&スタミナを落とさないということは天才などではなく、壮絶な努力の元に培われた能力であることを知っています。

今や日本で最も尊敬を集めるチャンピオンとなり、

今回再び指名挑戦者を迎えた防衛線。


対戦相手のムンロー選手は、英国王者、欧州王者を経て、挑戦者決定戦も制し、ランキング1位として乗り込んできた

「最強の挑戦者」の称号が相応しい相手。


かなり苦戦するだろうというのが自分の予想だったのですが、



終わってみれば、




完勝。



としか書き様のない完勝劇。



もともと必殺ブローである左に加え、右ジャブの刺しあいでも全く負けず、

打ってはすぐにステップ踏んでサークリング、

強引に接近されれば、強烈な左右のボディブロー、

顔面が開いたら左を叩き込んで、またボディー・・・


・・・ともうゲームのハメ技状態。


以上にタフだった、挑戦者のお陰でKOこそ逃しましたが、ジャッジは3人とも119対109のほぼフルマーク。


圧巻だったのはもう勝利がほぼ確定している最終ラウンドにも、猛烈なラッシュをかけダウン寸前まで追い込んだりと、

挑戦者は正直何も出来ずに敗れたという感じ。

決して弱い選手は無かったですが、すべてにおいて西岡選手が先手を取った試合でした☆


試合後は4歳の娘さんの小姫ちゃんを抱えてインタビュー。


「パパは誰にも負けないぞ!」 (小姫ちゃん談)


だそうです。^^



輝きまくっていたチャンピオンの西岡選手でしたが、


Rayさんが思わずもらい泣きしそうになったのは、実は、


完敗屈した、ムンロー選手。



判定が読み上げられると、拍手して相手を称え、その後歩み寄りさらにチャンピオンを祝福したあと、

四方に頭を下げ、リングを降りようとした瞬間、

堪えきれずに涙流して、コーナーポストを殴りつける、


その姿にジーンときましたねぇ・・。


国内王者、地域王者、挑戦者決定戦・・・と地道に勝ち星積み重ね、1位にランクされ満を期しての挑戦で、敵地に乗り込み、

相手を称えるしか出来ないくらい完敗を屈してしまった訳ですから、

悔しさと言うのは言葉で言い尽くせないものがあったのだと思います。



自分はやはり人生で成功を積み重ねてきた男では決してなく、むしろ失敗、敗北を沢山味わってきたので「勝者」よりも「敗者」に共感してしまうんですよね・・^^;

敗者の美学と言うべきですかね?


笑顔であくまでスポーツマンとして勝者を称えた後に、リングを降りる前に押さえきれなかった感情に、目一杯共感してもらい泣きした涙腺の弱い男、Rayです。^^;


西岡選手の勝利を心から称えるとともに、

ムンロー選手の再起、地獄を見た男の再起も心から祈りたい。

ってか、今度は目一杯応援したいから日本人以外とやってくれ!って思ってます。はい。




で、昨日の試合の映像はこちらから。^^









スポンサーサイト

[2010/10/25 22:03] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/722-d4a8a23a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。