スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私事:「非合理的とは贅沢の極みである」 週末はシガーとウィスキー 

昨夜は給料日週の週末ということで美味しいウィスキーと葉巻を堪能して「生きてて良かった」と反芻しながら眠りについたRayです。こんにちは☆



そして今日は午前中にちょっと残ってた仕事を家で済ませて、


久しぶりのお休みじゃ!


先週土日出勤だったので、長かった。^^;やっぱ休日は必要。


で、昨日いつもの新宿のいきつけの


Bar Kashmir


に乗り込み、頂いたのが、



ラフロイグ ザ・ムーン 1998年


というウィスキー。


ハマる人と、「こんなサロンパス飲めるかっ!!」と、真っ二つに評価が分かれることの多い、独特の薬品のようなピート臭を持つ、シングルモルトのラフロイグの「ザ・ムーン」というボトラーズ。


シェリー樽で寝かせ、ラフロイグ特有の強烈な香り、泥臭さを残しつつも、まろやかで塩っけのある味わいとのことで、

ツボにはまりそうだったので、早速頂く・・。




して・・・








う・旨い!!!



度数、59度を感じさせない、まろやかな味わいが、広がり、確かに塩っ気。

喉を抜ける時に、ラフロイグの泥臭さを感じられて、良い意味で上品になりすぎていない味わい。^^

強烈なのにまろやか。

泥臭いの上品。


矛盾した味わいが、ひとつの「作品」として完成されている一本でした☆


ボトルもお洒落でこちら。^^


このようなお洒落なボトルに入ってます。


上記の文章読んでみて気に入りそうな人は買っちゃえ♪


損はしない。^^



まず一杯飲んでから、って人はKashmirへ行ってあげてください☆


「Rayさんからの紹介です!」


って、言うと、何と!



何も起こりません。はい。笑




そして、こいつに併せて、合う葉巻を・・・


とリクエストして、選んで頂いたのが、


モンテクリスト レガッタ


女性でも吸いやすそうな、柔らかな味わいが心地よい、モンテクリストの中では珍しいピラミッド型。^^

ウィスキーの味を生かさず、殺さず・・・では、無く、



生かして、活かして、尚、殺さず。




見事な組み合わせでした。^^


わざわざ高い金払ってバーに通ってしまうのはこういう出会いがあるから何ですよね。^^


常連になれば、自分の好みのお酒をチョイスしてもらえますし、

合う葉巻とか、色々なリクエストにも応えてくれます☆



カッコつけずにガンガン質問質問質問!で攻めるのが正解。



合理化ばかりでせかせかした世の中です。


たまには、一本吸うのにやたらと時間掛かる上に煙ももうもう、健康にも良くない、葉巻。

そんな昼飯代より遥かにお値段注ぎ込んで一杯のウィスキー・・・



そんな徹底した、非合理的な贅沢を味わうのが至福の喜びとなるのです。^^



お独り様万歳☆



余計な一言。
スポンサーサイト

[2011/01/29 13:09] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/762-e1bcffad





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。