FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボクシングネタ: 風邪で寝込んでる間にどえりゃ~発表があったじゃないの!? 

頭痛い喉痛い滝のような鼻水・・・とタチの悪い風邪で金曜土曜日曜グロッキーだったRayです。こんばんは。^^;


ひじょ~~~~~~~~~にタチ悪い風邪流行っているようなので、皆さんも気をつけてください。


虚弱界代表の私が先陣を切って、体験してきましたよ☆


ようやくパソコン開くまでに回復。

昨日まではホンマに何もする気起きなかった・・。^^;

今年はノロウィルスにも遭ったし、3日間くらい活動停止になる病気が続くな・・。夏あたりに何が来るのか嫌な予感・・。汗


季節の変わり目なのでホンマ気をつけましょう・・。^^;



さて、またボクシングの動画でも見ようかとネットサーフィンしてたら、





デカイこと決まってるじゃないですか!?





デカイことが決まったのは最もデカイ階級、ヘビー級。


正直、マイク・タイソン以来、所謂スターが生まれず、

いつの間にやらアメリカ人のヘビー級チャンピオンは0人が、続き、

主要チャンピオンを見ると、


WBC世界ヘビー:ビタリ・クリチコ

IBF&WBO世界ヘビー:ウラジミール・クリチコ



と、4団体のうち、3つを、

身長・リーチ共に2m越えの巨大兄弟こと、クリチコ兄弟に独占されているヘビー級。


二人とも恵まれた体格に加え、長いアマチュア経験に裏付けられたテクニックを駆使し、

相手の入ってこれない圧倒的な間合いから、ジャブを連打し、痛めつけるだけ痛めつけ、留めを差すスタイル。


強いのも分かるし、それがベストが方法なのも分かるのだが、

一言で言えば、


何か地味。^^;



ヘビー級特有の一発ですべてをひっくり返すような豪快さが中々見られず、

エキサイティングなボクシングがウケるアメリカでは、モハメド・アリしかり、マイク・タイソンしかり、多くのスターを生み出してきたヘビー級が最近は、

「無かったこと」になりつつある。^^;


ちなみにこのクリチコ兄弟が大人気なのが、


ドイツ。



ドイツってステレオタイプなイメージで、真面目で硬い感じがありますが、


ボクシングにおいてはこれがピッタリ当てはまる。


ドイツで人気のあるボクサーは総じて地味・・。




大人気ボクサーINドイツの例


1R:ジャブ、ジャブ、ジャブ、ジャブ、ジャブ、ジャブ、ストレート(大歓声)、クリンチ、ジャブ、ジャブ・・

2R:上に同じ

3R:上に同じ

4R:上に同じ





10R:上に同じ

11R:上に同じ

12R:上に同じ

圧倒的判定勝ち!(超大歓声)





本当にこんな感じで、ジャブで試合コントロールってそうとう通好みのボクシングファンなはずなのですが、実際クリチコ兄弟の試合に5万人とか入りますからね。^^;

国民性とも言うべきが・・。



前述したメジャー4タイトルの中、唯一、


派手、ビッグマウス、圧倒的なスピード、と、対局行くようなスタイルと、タイソン以来のスター性を持つ
ヘビー級ボクサーとして気を吐いているのが、

WBA世界ヘビー級チャンピオン:

デビット・ヘイ



現在ヘビー級においては決し大きくない191センチの身長ですが、類稀なるスピードを武器にクリチコ兄弟とは全く違ったボクシングで世界ヘビーチャンピオンになった英国人。



ヘイとクリチコ兄弟のどちらかが戦えば、現在ヘビー級最高のマッチメーク、そして文字通りボクシングにおいて「最強」が決まる戦いと言われておりましたが、


7月2日、いよいよ決定!



IBF&WBO世界ヘビー級チャンピオン

ウラジミール・クリチコ (58戦55勝49KO3敗)

VS

WBA世界ヘビー級チャンピオン

デビット・ヘイ (25戦24勝22KO1敗)




恐らく今年度最も大きな一戦、さてどうなる??

スポンサーサイト

[2011/05/15 21:54] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/800-079d3089





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。