スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

書籍紹介: 個人的にお勧めな「池上本」 

火曜日にして既に今週は燃え尽きてるRayです。こんばんは。^^;


つい先日、「46歳で世界チャンピオンになったボクサーだったいるんだ!」と、モチベーション上げて挑んだ訳ですが、

予想外に時間かかったレポートで昨日は久しぶりに午前様帰り・・。そして昨日も今日もしっかりジムには行ってきたの体中がアウッチ。

帰り地元の駅でエレベーター乗ってしまった。^^;


ようやく、サンドバッグ蹴る音が「ハエ叩きの音」から徐々に「キックの音」になってきたのに気を良くして、バシバシ蹴ってますが、その分、脛が痛い痛い。

今まで蹴ってこなかったですからねぇ・・。痛みとともに強くなる。押忍。


そしてパンチにも体重乗るようになってきたのか、ミスショットで指が痛い。


痛いの大好き。ドМのまま三十路に突っ走ります。押忍。



変態自慢だけで終わるのは嫌なので、書籍紹介でも・・。


昨今、ひじょーーーに、有名になった方、



池上彰さん。




もはや説明は必要ありませんが、30年以上NHK記者を経験、10年以上「こどもニュース」の解説者として、


分かりやすく伝える


ということに関しては、右に出るものいないと言えるでしょう。


最初に、勝った書籍がこちら。



大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」 (講談社プラスアルファ新書)大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」 (講談社プラスアルファ新書)
(2002/04/18)
池上 彰

商品詳細を見る




タイトルの通りなのですが、本当に大人でも子供でも分かります。


ちょうど9・11の後、西洋文明とイスラム文明との相違が話題になった頃、そもそもイスラムへの理解が少なかったので最初に手に取ったのが、この本でした。

当然のことながら非常に分かりやすい。

うちの地元、閑静な東京都下ですが、朝駅で、夜駅で、夕方スーパーで、イスラムのベールを被った人を良く見かけます。

都内では特に比較的コミュニティも多く存在するイスラム教の方々。

身近でありながら、知らないことも多いですし、余り学校でも教えません。

まず基礎から・・・という方にはお勧め☆



次が、この2冊。


そうだったのか! 現代史 (集英社文庫)そうだったのか! 現代史 (集英社文庫)
(2007/03/20)
池上 彰

商品詳細を見る



そうだったのか!現代史パート2 (集英社文庫)そうだったのか!現代史パート2 (集英社文庫)
(2008/06/26)
池上 彰

商品詳細を見る




池上さんのお馴染み、「そだったのか」シリーズでも特に勧めたい二冊でして、何故なら、





現代史は何故必修じゃない!?



と、高校生の頃から文科省に苦言を呈しまくっていた男としては、非常に重要性を感じる二冊です。


現代の出来事というのはやはり、現代史に大きく影響されます。だって一番最近の「歴史」な訳ですから・・。


良く若い人がニュースに関心持たないとか苦言を聞くことがありますが、中高年だって、「世界に目を向けたニュース」にどこまで目線が向いてるかは怪しい・・。

それも現代史の知識が足りないことが大きいと思います。

現代の世界の潮流知る上でも、入門編として上記二冊を勧めます☆



ニュース繋がりで最後はこちら☆


日銀を知れば経済がわかる (平凡社新書 464)日銀を知れば経済がわかる (平凡社新書 464)
(2009/05/16)
池上 彰

商品詳細を見る



日々ニュースの中で必ず登場する、我が国の中央銀行、日銀。

世界的に見ても、世界に影響力のある人物で日本人で選ばれるのは日銀総裁であることから、その影響力が分かります。


で、日銀って何するところよ?と聞かれ、

政府の銀行、銀行の銀行、発券銀行という3つ役割くらいはパッと浮かぶのですが、

具体的に仕事を「説明して」、日銀の決定が経済に与える影響を「説明して」と言われると、

口ごもる人は多いのではないでしょうか?


恥ずかしながら私も金融業界ある意味足突っ込んでるのに、理解しているつもりでも説明するとなると口ごもり・・・・


・・・ってごめん。



それは理解していなかったってことだ!



と思い知らされていた一冊。^^;


読むとニュースが面白くなります☆

例によって分かりやすい。




以上の本は、当然、「読めばエキスパートになる!」という本ではないです。

あくまでイントロとして、非常にお勧め出来る、また自分が知っていると思っているが説明しようとするとちょっと怪しい・・・という人への確認用としても活用できます。

これらの本で興味を深めてさらに専門的な書籍なり、ニュースなり読み深めていければ池上さんも本望ではないでしょうか?



以上、珍しく真面目な話でした。


押忍。

スポンサーサイト

[2011/05/24 23:14] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/805-9010f5b4





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。