スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボクシングネタ: 40代はもはや「歳」ではない!? 再び40代のチャンピオン誕生☆ 

平日休日問わず仕事してジム行って・・・な毎日過ごしていたら曜日の感覚が全然なくなったRayです。こんばんは。^^;


最近、


家で寝てる。


ジムで練習してる。


オフィスで仕事してる。


バーで飲んでる。


電車乗ってる。



以外が殆どないな。汗


よって、我が社の従業員×4と、ジムのトレーナーとバーテンダー意外の人間と話してないし。



月曜日は、息抜きも兼ねて友達とキックボクシングのイベント見てきましたが、


4時から10時近くまで立ち見


という体力勝負なことをやってしまいました。^^;



それでも、普段合間合間でトレーニング欠かしていないせいか、体力はついたような気がします。^^


体つきは確実にどんどん変わるので面白い。^^


我、三十にして立つ、という感じか。



どんどん女っ気無くなっている気がするがそこは気にしないのが大人の男。


きっと来世にはイイ恋愛出来るさ。^^




30代、一番燃えたいのはスポーツ、即ち自分の場合は格闘技だな。。やはり。

人生の忘れ物取り戻したかのごとく生活の中心になっています。



そんな自分が勇気付けられるニュースがまた。^^


先日、

バーナード・ホプキンスという選手が、46歳にして世界王者になり、最高齢王者記録を更新!という記事を書きましたが、


この週末にも新たな40代のチャンピオンが誕生しました☆


クルーザー級で新たなチャンピオンになったのは、



アントニオ・ターバー選手! 

42歳!




日本での知名度はさほどないですが、


映画ロッキー・ザ・ファイナルで

ロッキーの相手役をやった人です。^^




あれ、本物のボクサーにして元世界チャンピオンだったんですよ!


映画撮影後も復帰してボクシングを続けてはいましたが


最近はボクシング解説者としても板についてきて、年齢的にも引退モードかと思いきや、


見事な奪還劇。


映像はこちら。9ラウンド終了時にTKO勝利です。


ハイライト




フル



しかし、動きを見る分には、顕著な衰えは全然感じません。


トレーニング理論、方法が進化した以上、40代からも技術、能力を向上することは、

とりわけ強いフィジカルと反射神経を要する格闘技でも可能になってきたということでしょう。



40代で活躍する選手が増えるとモチベーション上がります☆


だって、自分が40まで黙々とトレーニング重ねれば、アマチュアでも「キックのキャリア10年」になれるわけですから・・。



先月で30歳になった訳ですが、30歳、「アスリート」として生きることを諦めるにはまだまだ若すぎる。


んな訳で昼間ジム行きましたが今日はこれから2部連。サーキットトレーニングでしっかりフィジカル鍛えます!


日々精進!

押忍!

スポンサーサイト

[2011/07/21 22:41] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/821-210705fa





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。