スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

時事ネタ: 完璧な国も社会も無い。 

二週間連続土日無しだったので流石にバテ気味のRayです。こんばんは。^^;


ハードスケジュールのせいか、2キロ痩せてしまった。^^;

必死にうぇぇっぷ・・・とかなりながら昼飯に豚肉丼ダブル盛り(350グラム)とか食ってましたが、夏場は油断すると減っちゃうねぇ・・。

スポーツやってる人は分かると思いますが、意図しないで減っていくのは余り良くない。^^; ベストが65キロ弱くらいですが、62.5キロくらいになっちゃってます。^^;


いつも格闘技かスポーツか音楽か下らんネタばかりなので、今日は時事ネタ。



金曜日、38年物の美味しいウィスキー堪能し、帰りの電車で、



ノルウェーで爆弾テロか!?


物騒なツイートがツイッター上に飛び回っており、

余りテロの印象がない国なので、どういうことかと思っていたら、さらに銃撃事件の続報も。


当初、イスラム原理主義者の犯行という見方もありましたが、


多くのジャーナリスト、そして自分も、「それは違うのではないか・・?」という意見が多く、計らずともその予感が当たることに。


ちなみに自分がイスラム系組織犯行ではないと思ったのは、そもそもノルウェーが標的になる理由が見当たらない・・。


帰ってからもしばらくニュースを追い続けていましたが、

夜中にはイスラム系組織の犯行説は殆ど否定されていました。


そうなると残るのは、急進的な人種差別主義。


実際に逮捕された実行犯は、


ノルウェー生まれ、ノルウェー育ち、背の高いブルーの目、典型的な「北欧顔」の白人でした。


予想通り、狂信的な愛国主義、人種差別主義、そしてキリスト教原理主義をカクテルにしたような人間。


ノルウェー含め、北欧三国というと、


平和、高い税金、度な教育、充実した社会保障・・・というイメージが強いですが、

民族的なプライド、アイデンティティが非常に高いことでも知られています。


高い愛国心というのは、条件が揃えば、「急進的な」もしくは「狂信的な」愛国心に変わることもあり、近年の移民、難民、外国人労働者の急増に比例して、人種差別主義の姿がクローズアップされる機会も多くなりました。

先のフィンランドの選挙で、極右政党が票を伸ばしたのも、そういう理由があってか。



そしてもう一つの側面は、北欧三国、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドは、全て武器輸出国であるということ


ノルウェーに関しては07年時点で世界第7位の武器・弾薬輸出国。


それだけ国内で武器類が手に入りやすい土壌もあるわけです。



今回の件で、北欧モデルは失敗だ!とか限界だ!とかいう意見は流石に出ないとは思いますが、


思い知らされたのは、


完璧な国、完璧な社会は存在しない。


ということ。



不完全な人間が日々暮らし、日々統治する。その中での歪は必ず現れる、ということでしょうか?


少なくとも、少ない人口に豊富な資源があり、教育も高い、そういった条件が揃った北欧諸国、取りわけ、油田もあるノルウェーは、

自分は限りなく、「完璧な国」に近い立場にいるとは思っていただけに衝撃でした。


北欧モデルは学生時代に一時期集中的に調べたことがあり、無意識に肩入れしていた面があったか知れません。


バイアスを無くして、世の中をもっと多面的に見ないといけない、とリサーチを生業にしている身としては身が引き締まる感じもありました。


完璧、完全、人間が作る社会にそんなものはない。

ただ、だからこそ、人間には向上心がある。


ノルウェー含め、今後の北欧圏に一層注目したいと思います。



最後に犠牲になった方々のご冥福をお祈り致します。

スポンサーサイト

[2011/07/24 22:15] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/822-b34139f8





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。