スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

音楽ネタ:Summer Sonic2011レポートその1&お勧めアーティストなど。 

前回の記事のタイトルが「サマソニまで1週間切ってますがな」で現在サマソニから10日間経過の現実に今一歩順応できていないRayです。こんばんは。^^;



ってかさ、


8月って例年結構暇で、お盆シーズンに至ってはかなり手持無沙汰なので安心してサマソニのスケジュール組んだんですが、


Summer Sonicの2日間除いて、8月仕事行ってない日が1日しかねぇ!爆


どうなのよ?コレ?^^;


先週も土日出勤せんと終わらんかったし・・。


なんか遠い昔のようですが、レポ行ってみます。


今回で9回目のSummer Sonicですが、今回の最大の目標は






無事に帰る。



コレにつきました。^^;


当日の段階でかな~り翌週のスケジュールががっちがちなの分かってましたので。^^;



30代からのサマソニ、無理なく楽しもう!ということで朝も、ゆっくり目。会場到着は11時過ぎ。


リストバンドをはめていよいよ自分にとって唯一の夏のイベントスタート!


野外の千葉マリンスタジアムにスタンバイ。

当日気温は34℃。とにかく暑い。^^;



まず見たのはUKの新鋭、

ONE NIGHT ONLY


Youtubeでチェックはかけてまして、期待もてそうだったのですが、期待通り、ライブでもクォリティー下がることない演奏☆

曲が若干単調にも感じたので、今後どういう曲をリリースできるかにもよりますが、チェックしておいて損はない、アーティストです。

願わくば One Night Onlyでは終ってほしくない。^^;




続いては日本代表、


The Bawdies




コレは期待通りでした!


音合わせの段階で本人たちが登場し、「ちょっと音出していいですか?」と、ライブ始まる前に一曲演奏。

ボーカルの声ばかりに注目集まるバンドですが、バンドとしてのクォリティーも高い!

今まで日本にはいなかったタイプのロックです。彼らは素直にもう一度見たい!




2バンド見たところでぶっ倒れる前に室内、幕張メッセに移動。


また日本のバンド、Nico Touch the Wallを聴きながら、昼飯&ビール。^^




こういうプロの演奏聴きながら飯食ったり、ビール飲んだり、はたまた休んだり出来るのがフェスの楽しいところ。^^


続いてが、自分の中ではこの日のメイン、

最強ライブバンドの



Mute Math  !!





このブログでも何度も撮り上げましたが、




とにかくライブを一度体感してくれ!



としか言えん。^^;


毎度毎度彼らにしか作れない空間を提供してくれます。


11月に単独公演があります。

小さい箱での公演はさらにお勧めですので、要チェック!





そしてその後は同じステージで続いて見た、





Death From Above 1979




コレは、ねぇ・・



正直、ヤラレタ。



まず、バンドのメンバー構成、




ベース&ドラム


以上。






お前ら友達いなかったろ!?


と、突っ込みたくもなるのですが、

本当にドラムとベース。(ドラムがボーカルやります)


そして本当にドラムとベースでライブをやるのですが、演奏は圧巻です。


何気なく聴いていたオーディエンスが時間経つにつれてどんどん前に行ってました。

自分もその一人。

ロックって、決して決まった形だけじゃないんだなぁ・・ということを教えてくれるバンドでした。







その後早めの夕食済ませて、




Avril Lavigne


アブちゃんでぇ~す(はぁと)


たまたま時間が空いただけ、と前の記事で言い訳しましたが、Rayさん、



大好きでございます。爆



世代的にもちょうど直撃世代なので好きなのはええとして、04年のサマソニでも見たんですが、


その時はですね、



散々たる有様で。^^;



まぁ、アイドルとしての実力だったというか、野外ロックフェスに対応できる実力は無く、終始がたがたでした。^^;


あれから7年、アイドルからちゃんと歌手になっていたアブリルを見ることが出来ました。^^


ちゃんと歌えてる!音外してない!

と、オジサン、成長を喜びましたよ。^^


相変わらずかわええわぁ。笑





そして初日の締めが、こちらも世代的には直撃のへヴィ・ロックバンド、



KORN




ボーカルのジョナサンが、近づき難い雰囲気を持ったカリスマ的なボーカル


から、イイ人そうなオッサン

になっていたのは、メジャーになったロックとかメタルのバンドに良くあることなので、スルーの方向で。^^;


イイ人化したのが、この日はプラスに作用し、過去の曲から新しいものまでガンガンやってくれました☆

一度は見たかった!

と心から思っていたKORNのライブを満喫できたのはデカイ。


10年くらい時間を戻せたような気分で最後まで楽しめました☆






そしてこの日は幕張がどこも満杯だったので、船橋に宿をキープ。


一度も無理に前に突撃かけることなく、余力を残しての二日目になります・・。



今日はここまで。
スポンサーサイト

[2011/08/25 00:53] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/826-4ee7b04b





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。