スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バリ~コモド Mermaid Ⅱ ダイビングクルーズ 旅行記 その3 

今日は親友の子供が無事に産まれて大喜びでしたが月末に結婚式を控えて、さらに出産祝いまで重なった!と若干青くなっているRayさん@自由に使える預金残高260円です☆


まぁ深いことは考えず旅行記へ。どんどん書かないと終らん。^^;


7月22日 3日目


前日10時前に寝たにも関わらずのんびり8時ごろ起床で、目覚めの一服+コーヒー♪

360度の海を見ながらの贅沢な朝のひと時です☆


9時ごろに遅めの朝食済まし、一昼夜船は走り続けているものの、まだダイビングポイントには到着せず。^^;

一番最初に書いた通り、バリからコモド諸島までは約1000キロ。途中のスポットモヨ島でも600キロは離れているので、日本のツアーだと、バリ~コモドは空路が普通です。

この良い意味でのアホさ加減が外国船の良いところ☆


11時頃ブリーフィング(ダイビング前のミーティング)

そして12時ごろ、遂に記念すべき一本目のダイビング@モヨ島

日本を出発してから3日目です。笑


我々のチームは、自分とバディの伊藤さん、そして総合格闘家、エメリヤエンコ・ヒョードル選手を小型にした感じのロシア人と、ロシア革命時にレーニンと共に戦ってそうなヒゲが特徴のロシア人コンビ。

恐らく友達なはずですが、性格も見た目も違ってどんな関係か最後まで謎だった。^^;

英語余り話せんかったし。


まぁそれは良いとして、ヒョードル軍曹、準備が早えぇ!

通常、ヨーロピアンダイバーはふざけるな!というくらい準備が遅いのが特徴ですが、誰も準備終ってないのに全て整えて待ってるし。^^;


軍曹に怒られないようにさっとと準備するも、うちら後発だ。^^;

ちなみにダイビングはクルーズ船からボートに乗り換えて行きます☆



komodo6


そして我々の番、待ちに待ったダイビングスタート!


どぼーん!と飛び込むとこんな光景☆




魚影が濃い☆ スズメダイの群れがいや~キレイ☆




そしてふと気になる。




ロシア人深くねぇか!?汗

自分が25メートル地点にいる時に、ヒョードル軍曹が遥か下にいるんですが??^^;


そして、ガイドのハリー(出身国聞き忘れた)も気にせずガンガン行く。

どうやらこのチームは昔のドラクエで言う、「ガンガンいこうぜ」なチームだと悟る。



ダイビング後半では斜面にチンアナゴ、こと、ガーデンイールという群れで砂地に隠れてるアナゴの仲間がいるのですが、


ですが、





数が尋常ではない!







う~む・・。ここまでいくと気持ち悪い。^^;




と、インドネシアの海を堪能し一本目終了。


昼飯後(日記見ると「ハンバーグ美味しい」って書いてあります)に二本目☆


二本目もスズメダイ沢山の穏やかダイビング・・・・なはずなんですが、








深いよ!ロシア!!泣





30mまで降りたのになんでその下にいる!?

若干焦ったのか呼吸乱れてエアが減る減る・・^^;


そして水深管理間違えて初日にダイブコンピューターがDECOマーク出しました。涙

(詳しい説明は除きますが、水深が深すぎたりすると、一定の水深でしばらく待機しないと減圧症になるよ☆っていう合図です。通常こいつが出ないように自己管理で潜る)


仕方ないので、自分だけ15メートルくらいを水平遊泳すること10分、ようやくDECO回避。


念のためかなり長めに浅瀬での安全停止して浮上。


浮上後は、サンデッキに寝転がって、日焼け&読書。


で、この日はまだナイトがあります☆


このクルーズ船は大きめの水中ライトも全員分レンタル可能なしっかりした装備。

念のため、レンタルのライト、自分のライト、漂流時のストロボライト持っていざナイトダイブ☆


夜なので海の中は当然真っ暗。


魚も光当てるとこんな感じ

(カサゴの仲間)

komodo9


そしてふと思う。







流され過ぎじゃね??^^;





ナイトダイビングははぐれると危ないので、内湾でまったり・・が普通ですが、ガンガン流れてます。^^;

流れに乗って行くので楽と言えば楽ですが、やはりこのクルーズは一定の経験ないとキツイ。

慣れてない人は真っ暗な夜の海で流されるとパニック起こす可能性あり。



バディが既に何度も潜っている伊藤さんとあって、途中お互いをライトで照らし合ってしっかりチェック・・と意気はピッタリだったので、特に問題なく潜れました。

そして伊藤さんが謎なカニ発見。笑




そして最高の瞬間はこの後。

ナイトダイビングから浮上し、海面に顔上げてマスク外したら迎えてくれのは満点の星空☆

波間に漂いながら天の川がはっきり見える夜空眺める・・

目一杯非現実の瞬間。


天の川の下弦には南十字星がはっきり見えました☆


ナイトダイビング後夕食→ビール→10時前就寝・・・のパターンで旅3日目、ダイビング初日も更けていきました・・・。

スポンサーサイト

[2012/08/15 00:11] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/849-a1394691





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。