FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バリ~コモド Mermaid Ⅱ ダイビングクルーズ 旅行記 その4 

流石に今日は耐えきれず我が家この夏初のクーラー入れたRayです。こんばんは☆

今思えば、バリにせよコモドにせよ涼しく良かった☆
7~8月はバリ島は避暑目的でもお勧めです。年間でも気温低めだとか。

日中は暑くても30度くらい、夜は23~26度くらいかな? オープンスペースのお店ばかりなので気持ち良く食事が出来ます☆

さて旅行記。



7月23日 4日目


夜中、かなり船が揺れて何度か二段ベットから落ちそうに・・・というより一回殆ど落ちたりしながらも何とか寝る。

ダイビングクルーズも今回が3度目。

「船は揺れるのが当たり前!」という開き直りの精神育ってきてます。^^


8時ごろ起床。トイレに入ってじゃーっと、済ませて、じゃーっと流そうとしたら、




あれ?水出ない??^^;




何でも昨晩の揺れで給水装置がイカレタらしい。^^;

う○こじゃなくて良かったよ。全く・・。


9時ごろ朝食。が、全くもって水っ気なし。笑 ぱっさぱさメニュー。

まぁ深いこと考えず潜るか!ということになり、ダイビング準備・・に入るところで水復活☆

いや~良かった。自分は髪型の関係上、ペットボトル350ミリくらいの水で全身流せますが、女性はシャワー使えないと大変ですからね。^^;


気が付けば船はいよいよコモドエリアへ! 旅行四日目にして目的地コモド諸島入りです!


荒涼とした島々が広がります。

komodo10


まずは、まったりしたポイント、ということで安心して飛び込む。


サンゴ、魚影が前日のポイントよりさらに濃い!

可愛らしいスズメダイが一杯☆


komodo12


komodo11


また群れが半端ではなく、透明度許す限りずぅぅぅぅっとスズメダイという感じ。

13.jpg


そして僕大好きな魚、ジョーフィッシュがいたりと。^^

15.jpg


この「ほぇ~」って顔に癒されます。笑


ダイビングから上がって、今回お世話になったクルーズ船、Mermaid Ⅱをぱちり。


14.jpg



たっぷり1時間以上潜って、昼飯。


昼食後は二本目ですが、ブリーフィングかかなり厳重。

相当流れのあるポイントに潜るらしく、潜行も一度飛び込んで水面で皆を確認してから潜る通常スタイルではなく、1,2,3で飛び込み、そのまま一気に水底まで行くフリー潜行。


緊張感を持って挑みます。うちらのチームは流れを逆らって泳ぎ、崖っぷちまで行くようなので、気合入れる。



ポイント到着後、1,2,3でドボーン! 耳ぬきながら一気に潜行・・・


・・・って、真っ直ぐ潜行が出来ん!


通常潜行というのは頭が真下向けばストーン落ちるんですがそれがない。


海と言うより本当に川の中にいる感じ。^^;


何とか水底に到着もとても泳げないので、水底の岩にカレントフック(岩に引っ掛けて体を固定する道具)引っ掛け這う。

流れは進めば進むほど早くなり、マスクが飛ばされそうになったり、レギュレター吹っ飛びそうになったり、とても写真撮る余裕もないのですが、目の前に人間の背丈くらいありそうな巨大なロウニンアジがいたり、

イタチザメか??と一瞬思うくらいデカイ、グレイリーフシャークがいたりと、流石にエキサイティング・・・

・・・なのですが、水深30m越えの地点で猛烈な流れにさらされてるのでエアの減りが早い早い。^^;

この流れは文章で説明するのが難しいのですが、過去最高でしたね。^^;

強弱があるのですが、強くなったときなんぞ本当にごごごごごぉぉおぉぉぉ!!と音が聞こえて身を伏せないでいたら体が回転して飛ばされるくらいの強さでした。

しかしせまい間隔で島々が連なり、その間を抜ける早い海流があってこそ、コモドの豊かな海があるのです。

ちなみに何とか撮れた映像はこちら☆

かなり必死です。^^;





残圧50になった時点でバディの伊藤さんに合図送って、撤退。

戻る時は泳ぐというより飛ばされる感じ。ある意味楽ちん。笑


後は5m地点で安全停止と言って、3分停止して浮上すればええだけですが、

5m地点でもえらい流れで、運悪く下から上への流れまであるので水深キープも大変。


かなり本気で泳ぐ羽目になり、安全停止始めた時点で、絶対エア危ないだろう・・と思って残圧見たら、






見事にゼロ。笑




ダイビングキャリア12年250本近く潜って初のゼロだなぁ・・と感慨に浸っていると、案の定吸っても空気が出なくなる。

慌てて、伊藤さんに向かって、エア無くなりました!!のハンドサイン送ると、

頼もしい「◎」のサイン。^^


この時点で、空気吸えなくなって30秒くらい。


伊藤さん、オクトパス(予備のレギュレター)を外して・・・・って、何やら絡まっているのか中々外れない・・

・・って、そろそろ1分経過。


はよ、よこせや!!って蹴りでも入れたい気分でしたが、そんなことして貰えなくなっても困るんで大人しく待つこと約もう20秒。

若干目の前白くなったところで、オクトパスゲット!!



色々と美味しいもの食べた旅でしたが、間違えなくこの旅で一番美味しかったのはこの時の空気。



もう水深5mまで戻ってきたとは言え、今まで吸えてた空気吸えなくなった瞬間は焦りますや。^^;

信頼おけるバディで本当に助かりました。^^;(夜ビールごちそうしました。笑)



見事なアドベンチャーダイビング終えた後は、船の2階デッキから飛びん込んで遊んだり、のんびり日焼けしたり・・・でまったり過ごした後、

3本目は穏やかなポイント。今度は流れに逆らわず任せて潜っていたら、余りにも流され過ぎたらしく約20分漂流。^^;

他のチームも力尽きてたのかあちらこちらに流されたらしく、回収に時間掛り遅れ気味のスケジュールさらに遅れて、7時ごろ4本目のナイトダイビング。

これだけ潜ってもまだキッチリナイトも60分潜るタフな一日。

ナイトもだいぶ色々楽しめるようになってきました☆


ちなみにダイブマスターが「ウツボがいるで~」と合図してるので近寄ってみたら、




デケェ!!



自分の身長くらいありそう。^^; 


写真撮ったらもはやホラー映画。^^;

16.jpg



そんなこんなで浮上、シャワーとかやっていたら夕飯開始が9時近く。

夕食後、ビール二本飲んだら即ダウン。

10時には眠りにつきましたとさ・・。

スポンサーサイト

[2012/08/16 23:08] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/850-922bd7b7





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。