スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒューマン・トレーニングの勧め。 

テストも残すところあと月曜日だけとなりやる気どころかもはや魂が抜けてる状態のRayです。こんばんは。^^



「死んだように眠る」って表現がぴったりなくらい、今日は11時間寝てましたね。笑 



課題全て終えた後、いよいよFianl Examが始まり、最後の山だった政治学系のクラス二つを何とか切り抜けました。^^ 


出来は知らんけど、まぁ手ごたえはあったんで、なんとかなるかと・・。 



残るは月曜のシアターだけですが、もはややる気なし。^^;


「なんとかなるさ」の精神で切り抜けます。笑








話し変わりますが、Mixiから見ている皆さん、トレーニング仲間であり、我がファイティング技術の継承者、Dすけこと、大輔がMixiに参入しました。優しくしてやってください。^^ 


ってか、「Dすけ」って全然仮名になってないな。^^;


「でんすけ」で無い限りダイスケだ。笑  



さて、金曜日はファイナルの勉強で睡眠時間一時間だったにも関わらず、ひとりラーメンで乾杯ならぬ、乾丼して、



当然ジムへ! 




ダイスケ、Yuya、Slayer達、いつものご学友(笑)の面々です。






課題+テスト勉強でストレスが溜まってたこともあり、サンドバック打ちは荒れた。笑


いつもに増して、強く打ってたら、例によって手首痛い痛い。^^; 




あと、この日、最近のウェイト中心としたマシントレーニングに変えて、そんな言葉あるのか知らんが、 ヒューマン・トレーニングを実践してみました。^^




ウェイト・トレーニングは、ご存知のとおり、器具を使って、筋肉に負荷をかけて鍛えるトレーニングの総称ですが、


ひとつ問題を挙げるとすれば、鍛える箇所を限定して行うこと。



言い換えれば、ポイントを絞って鍛えられるので、


胸中心に鍛えたい!

とか


腕をを鍛えたい!


とか、


パーツパーツを鍛えれるメリットなんですが、これが極端になると少し問題。 

特に男性は逞しく見える、胸、腕、あと腹筋などを中心に鍛えたがりますが、いざ筋肉を使う、つまり運動するとなると、筋肉のバランスと言うのが重要になってきます。



例えれば、釣竿のようなもので、


全体に力が掛かればしなりますが、一箇所の力が集中すると折れます。


人間体におくと、力の不均衡はすぐに怪我に繋がります。



またマシントレーニングは動きが一定なため、筋肉が硬くなりがちです。




もちろん、ウェイトを否定しているわけではないです。


ただ、ウェイトトレーニングを本当に有効活用したいと考えるのなら、全身くまなく鍛えた上で、実際に筋肉を稼働させる、つまり運動をするのが理想。



「全身の筋肉を使う」というのは、格闘技においても重要。



例えばパンチを打つ時、


まずつま先で地面を蹴り上げ、膝を捻りこみ、腰を回転させると同時に背中から腕を突き出し、肩で方向を整えて、最後に手首を捻る・・・


という、プロセスを経てパンチを打つし、


寝技で相手を押さえ込むにしても、腕の力で抑え込んでも簡単にひっくり返されますが、全身の力で体重をかけて押さえ込むと中々返せません。(柔道経験者の方なら良く分かるかと・・)



で、全身を動員するトレーニングで最適なのが、ヒューマントレーニング。 簡単に言えば二人一組でやるトレーニングです。



例えば、お互い正面に向き合って、手を掴んで引っ張り合う、トレーニング。



引く力は背筋に頼りがちですが、人間相手となると、しっかり足でバランスとりながら、腰や肩の筋肉も使います。^^



あと、ジム仲間に挑戦させて好評だったのがスパイダー。



仰向けの状態から、足の裏と手のひら付いて、ケツを持ち上げた状態にして、お腹の上に座ってもらいます。


その状態のまま何十秒キープすると、手足の裏側の筋肉、背筋、腹筋、腰周りなどに効果があり、

先に足が疲れたら、下半身の

先に腕が疲れたら上半身の

腰が痛くなったら腹&腰の


筋肉が全体と比べて不足していることがわかります。



ベンチプレスとかアームカールとか、上半身中心に鍛えてると、本来腕よりも強いはずの足が先にバテることが多くなります。


ちなみにこのスパイダー、別に人に座ってもらわなくても、ひとりでキープしているだけでも結構な運動になります。


足や二の腕のたるみが気になる女性には特にお勧め。  


右手と左足、左足と右手を交互にあげてみたり、しゃかしゃか動き回ってみたりするとかなり効果的。^^





次にやったのが、人に乗ってもらっての腕立て。


誰かに肩甲骨のあたりに座ってもらって腕立てするんですが、これが見た目以上にきつい。^^;


腕立てなにの、腕肩胸はもちろん、最後の1~2回なんぞ本当に全身使わないと上がりません。



後やったのは、おんぶスクワット。 


説明要らないですね? 誰かおぶってのスクワットです。 後ろに体重かけてもらえば腹筋まで鍛えられます。^^ 





レスリング、柔道、柔術など、組み技系の経験者なら、人間を使ったトレーニング、おそらく経験しているはずですが、

利点は、常に全身を鍛えられることと、人間は動くので、筋肉動かす方向が一定にならないこと。



最近、K-1やHEROsでも活躍している、山本KID選手も、器具を使ったトレーニングはあまりやらず、もっぱら人間と組む、持ち上げる、押さえ込む・・・などの動作であの肉体をつくるようです。^^



最近自分はナチュラル・トレーニング、つまりウェイト器具や、マシーンに頼らず、自分の体重を利用したトレーニングや、殴る、投げる、蹴る、飛ぶ、走る・・・・・のように実際の動作の中で鍛えられるトレーニングを推奨しています。



そして、たまにチェックの意味を兼ねて、もしくは不足箇所の「補強」としてウェイトやる・・といった感じ。



で、さらにヒューマントレーニング取り入れてみようと、先日、ジムで強制的にやらせてみたんですが、最大の欠点は、













かなり恥ずかしい。笑










他の人がマシンとかベンチとかやってる中で、人間椅子状態になってたり、おんぶしてスクワットしてたりと、かなり目立ちます。


かといって、



「今からトレーニングやるんだけど重りになりに来ない??」


って誘ってきてくれる友達は皆無。




ちょっと、光景が異様なので、器具を使わないという点ではエコロジーですが、見た目的に「エコマッチョ精神」には反するかも・・・。^^;





まぁ今後、またゆっくり考えてきましょう。^^;








ちなみに、先日も後継者ダイスケにはちょっと指導しましたが、やっぱ面白い! 資質とフィジカル面の強さはホントに一級品かも・・


ちょっと、アドバイスして修正すると、五秒後には違うボクサーに変身するし。


本人が気にしてる以上に、利点が多いと思うし、修正しながらも利点はどんどん伸ばしてあげたいね。^^



あと、早速自分のMixiのトップページに紹介文書いてくれたけど、「関係」のところに「師弟」とマジで嬉しかったり・・。



男から信頼されるって嬉しいんですよね~

絶対、異性に前より同性の前の方が素の自分出てますからね。^^




若干、「ゲイからも信頼される」という望まないオプションが付いてくるにしても、嬉しいもんです。^^ 



あと、最近、全然格闘未経験の、Yuyaにもワンツーから教えてみたが、こっちも面白い。^^


自分と同じ、剣道がバックボーンなので、大体修正する場所とか、教えるポイントが分かる。 

週一回くらいしか教えてないのに、ずいぶん奇麗なワンツー打てるようになったなぁ。 剣道やってると足腰しっかりして、真っ直ぐ打ち込む時に軸がぶれないんですよね。


しばらく続けて、一通りパンチ覚えたら、エクササイズで止めるのが勿体無いくらい楽しくなると思う。^^ 




とりあえず、自分のトレーニングもしっかりやらんと・・。 見本見せられないのは恥ずかしいからね。笑



冬休みは少し集中的に鍛えるかな・・・。



ホントは運動不足とダイエット目的でボクシングのトレーニング再開したんですけどね。


段々運動量がエクササイズから離れてきてるような・・・




まぁダイエットにしても、何かスポーツと結びつけて楽しんでやるのが一番ですし、長続きもします。

スポンサーサイト

[2005/12/04 03:56] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/92-7ca55049





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。