スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最終日の一日。&オレオレ詐欺がやってきた。 

終了!!!フォーーーーっ!!!














今日でテストも全て終了喜び隠せないRayです。こんばんは。^^



まぁ今日はシアターのテストだけ。 勉強時間三十分だと、もはや焦りもしませんね。笑

「我、出来なくて当然!」と、華麗に開き直れます。^^




ってか、意外に勉強時間の割には出来たし・・。 まぁ落とすことはないでしょう。きっと。





しかし、何を血迷ったか、このシアターのテスト、九時からなんですよね。^^;





早いっちゅーに。^^;




九時に学校までいかなアカンということは当然、ラッシュアワーもろに直撃。 今学期は通常10時過ぎのクラスが最初だったので、まだ込んでるとは言え、随分楽なんですよ。^^



しかし、今日はぎっちり。 ^^;



が、隣に立ってる女子高生がエロイ、いやエライかわいいじゃないですか。^^ 


目が大きくて、すらっとした体型で、朝の殺伐とした時間に和みと優しさと与えてくれる出会いですね。


血流良く回って、勉強もはかどる。←ホントかよ。





が、途中で降りてしまい、デブ&ゲーハーオヤジと密着。







あっと言う間に台無し。






一段と混んできたところで、一大事、















誰だ!?屁をこいたのは!?怒









一種のテロだっつーの。 余りにもムカついて、大技、カウンターオナラ(注1)を発動しようかと思いましたが、俺がテロ犯になっても困るので、止めた。




注1:「カウンターオナラ」(造語:かうんたー+おなら):電車内、エレーベーター内など混雑した密室的空間において、第三者の発した異臭に対抗し、自分の屁を発動することによって、慣れ親しんだ匂いに中和させる技。













何がともあれ、



全てのテスト&課題から解放された、この開放感、溜まりませんね。 



裁判の「勝訴」みたいに、「終了」って書いた紙持ったら、全力で走り出したことでしょう。




そして、解放軍団の同友達と、昼飯へ。^^



場所は近くにある、こじゃれたレストランへ。



ディナーだと、雰囲気的にも値段的にもかなり場違いなレストランですが、ランチは1000円から行けるとあって、うちの学生にも人気。^^



して、味と雰囲気は格別。^^ 




「一日限定10食」と書かれた、ポトフ注文。





限定モノ大好き人間にはたまらない響きですね。^^


して、美味い!!






しばらく学校うろうろした後は、一路、高田馬場へ。


留学前にお世話になった専門学校に顔を出す。




以前、生徒たちに「有難い偉大な先輩のお話し」(反論不可)を聞かせて欲しいと頼まれていたので、

何クラスか訪問して、偉そうに演説し、色々質問に答えていたが、なにやら突然喉が痛くなってきたので、夕方には解散。^^;



あのボロ校舎どうなってるんだ?? 今流行のアスベスト??



なんか学校いた間、異常に喉おかしくなって、帰りに電車で寝て、地元に着くころには結構落ち着いてたんだが・・・



いったい・・・^^;






さて、家帰って、ビックリ。








ナント我が家にも来たぜ!オレオレ詐欺!





そして、かなり用心深い方のオカンが見事引っかかった。^^;



まぁ結果として、預金は無事だったんですが、危うく全部消えるところだった・・・






話によるとストーリーはこんな感じ。




まず昼頃兄貴を名乗る男から家に電話。



またこの声が電話だとボソボソ話す兄貴の特徴といい、声質といいよう似てたらしい。^^; 


この時点で気味悪い。 声真似まで出来るって、完全に本人知ってるの??




で、内容は、「友達の連帯保証人になって、本人行方くらまして、友人と二人で保証人になっているのだが、先方の金融機関も現金が必要なため、今日、まとまった金額が必要。そして、自分の定期預金の解約などの手続き上の問題、すぐに作れないので貸して欲しい・・・」





という、落ち着いて読んでりゃ全然引っかかりそうもないような話しなんだが、



家族構成やら職業(ちなみに兄貴は中央省庁の役人なので信用は高い)などもしっかり調べはあり、巧みに会話に混ぜ、


本人→業者→上司など人を変えることによって、電話を切らせない。




そして、昔のように脅すような口ぶりではなく、むしろ紳士的に、なんとか最善策を探るような形で話し、何か言うと、「上司に尋ねる」と言い、いかにも何とかしようとしている感じを演出しているとのこと。


極めつけは、「振り込め」とは言わないらしい。



「方法としては、一時、そこの金融機関で兄貴が借りて、それでその場を凌ぐ・・」という提案をしてみたり、とにかく手が込んでいる。



で、敵ながらあっぱれで見事に乗せて結局振り込むところまで行く。



その間にも電話を定期的にかけ、まだ他の道があるかも・・・みたいなフォローを入れるらしい。



で、「手続きすんだ」と兄貴にメール送って、兄貴は当然、「何それ?何の話??」と返信して、そこで気が付いたらしい。




すぐに警察に電話したら、銀行に聞くように言われ、銀行に確認取ったところ、振り込み指定先の口座が一度、詐欺に使われてたらしく、銀行の方で凍結させていたため、振込みが完了せず、お金は中に浮いた状態に。


その時点で詐欺に気づいたので、セーフ!



危うく、オレの学費も全部消えるところでした。^^;




いや~ホンマあと少しで、明日からこの前新宿南口で熱烈スカウト受けた、ゲイ・バーで働く羽目になるところでした。爆




でも、自分で書いてて、「引っかかる内容じゃないよな~」とうのが本音。



そして、親父、兄貴、自分の誰もが、うちの母親は騙されることはない性格だろうと思ってて、あっさり乗せるんだから、その腕前たるは恐ろしいですね・・・



「うちは大丈夫。^^」 「うちの家族はひっかからない」の自信は全くあてにならないですね・・。



相手は本当に周到に用意し、そうとう細かい心理テクを使うようです。 



皆さん本当に注意しましょう。



そして家族同士の電話は、必ず携帯で行うことを進めます。家の電話にはもはや出ないように心がけることが重要です。特に昼間。



母親が一人の状態を狙うらしく、父親がいると思われる夜にはかけないようです。一般的に。



はっきり言って今までは、「オレオレ詐欺振り込め詐欺」なんぞありえねーと馬鹿にしてましたが、一気にその常識壊された一日でした。




ちなみに兄貴は前にも、今住んでる方に、「交通事故で示談が・・」という一昔前のがかかってきたらしいですが、車運転しないので一発でわかったとか。


やはり公務員など、安定&高収入の家族いる方は要注意。





しかし、自分に対しての詐欺電話は一度もないので、詐欺犯の間にも明確な兄弟の序列があるのが妙に悔しかったり・・・^^;




しかしホンマどこのどいつだ・・。




皆さんも大丈夫だ!と思わず、くれぐれもご家族に注意するように言ってください。敵は想像以上に手ごわいようです。

スポンサーサイト

[2005/12/05 03:57] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raykohey.blog50.fc2.com/tb.php/93-2487fe82





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。